ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

【安定期なのに?】妊娠中期の胃痛の原因!危険な病気の可能性も?~予防法から薬まで~

      2016/05/10

妊娠中は体調を崩しやすく、様々な体の不調が表れます。中でも胃痛は多くの妊婦さんが経験するもっとも陥りやすい症状のひとつでもあります。

ここでは妊娠中期に起こる胃痛について、原因や予防法、服用できる薬なども含めて紹介していきます。

妊娠中期によくみられる胃痛の症状と原因4つ

痛い 胃

胃痛にも色々な原因からくるものがあり、症状も異なります。では一体どの様な原因から胃痛は起こるのでしょうか?

それぞれの原因と症状を4つに分けて説明していきます。

1.つわり

妊娠中期になるとつわりもおさまってくる頃ですが、中にはまだ続いているという妊婦さんもいます。

後期つわりとも呼ばれていますが、吐き気胸のむかつきなどが主な症状で初期に起こるつわりと同じパターンのものです。

2.子宮が圧迫している

妊娠中期には子宮の大きさもだんだんと大きくなり、胃を圧迫するまでになります。

子宮の上の部分、子宮底が胃の辺りまで達してくるために、胃が圧迫されて苦しく感じる事が多い様です。

他の内臓も圧迫する為に、胃痛吐き気だけではなく、むくみ頻尿も起こります。

3.ホルモンのバランス

妊娠中にたくさん分泌される黄体ホルモンには子宮を広げる働きがあると同時に筋肉を緩ませる働きがあります。

筋肉が緩むことによって胃酸が逆流し、逆流性食道炎を起こしやすくするといわれています。

逆流性食道炎の主な症状

  • 胃痛
  • 胸焼け
  • 呑酸(酸っぱい液体が上がってきてげっぷが出る)
  • 喉の違和感

4.ストレス

ストレスは妊娠中以外でも胃痛の原因になりえますが、特に妊娠中はイライラしたり不安になったりと精神的に疲れやすくなっています。

胃の働きを司る自律神経のバランスを崩してしまうと、胃炎に発展してしまう事もあります。

ストレスをうまく発散させる方法を見つけて出来るだけリラックスができる様にしましょう。

妊婦さんのおすすめストレス解消法

妊婦さんにも出来る簡単なストレス解消法を挙げてみました。

  • 泣ける映画やドラマなどをみて思いっきり涙を流す
  • 軽い運動(ウォーキングマタニティヨガなど)
  • 同じ妊婦さんが集まるアプリやサイトなどを利用しておしゃべりや相談をしてみる

眠れないほど激痛!放っておいたら危険な妊娠中期の胃痛とその見分け方

危険

つわりや胃が圧迫されて起こる胃痛以外にもっと危険な原因からくる胃痛もあります。

すぐ治るであろうと放っておくと大変な事になってしまう場合もあるので注意が必要です。

ここでは病気の可能性がある胃痛とその見分け方をまとまてみました。

1.妊娠高血圧症候群

妊娠中期から後期にかかりやすいとされている病気で、妊婦さんや赤ちゃんに様々な合併症を起こすといわれている病気です。

以前は妊娠中毒症という病名で知られていました。胃痛だけではなく、以下の症状を伴う場合は要注意です。

妊娠高血圧症候群の主な症状

  • 高血圧
  • 頭痛
  • 目がチカチカする
  • むくみ

2.ウイルス性胃腸炎

ウイルスに感染して起こる胃腸炎で胃痛の他にも下痢嘔吐発熱の症状などが出ます。水分を十分に取り早めに病院の診察を受診しましょう。

3.胃潰瘍

胃の粘膜に炎症が起きて、傷ついている状態で、胃の激痛背中の痛みがあるのが特徴といわれています。

主にストレスが原因となる事が多く、慢性化すると出産後にも影響するので早めに処置をする事が大切です。

妊娠中期の胃痛の予防法4つ

予防

さまざまな原因から起こる妊娠中のつらい胃痛を予防できる方法をいくつか紹介します。

1.空腹を避ける

胃の弱っている時など、空腹から胸やけや胃痛が起こってしまう事があります。食事の時間を規則正しくするように心がけ、なるべく胃を空にしないように工夫しましょう。

2.刺激物を避ける

胃への負担を減らす為にも日頃から気を付けたいのが、香辛料や、脂肪分の多い物などの刺激物の摂りすぎです。

刺激物の摂りすぎは、胃酸の分泌を促進し胃の粘膜を傷つけてしまいます。

なるべく避けたい食品

  • わさび、唐辛子などの香辛料
  • 脂身の多い肉類
  • 玉ねぎ、ニラ、にんにくなどの野菜

3.食事を分割してする

妊娠中になりやすい胃酸過多を防ぐのに有効的な方法が、食事の回数を細かく分けるという事です。

食事を分割する事によって、胃酸が大量に分泌されるのを予防して胃への負担も軽減されます。

4.胃にやさしい食べ物を摂る

日頃から積極的に胃にやさしい食品を摂るように心がけましょう。妊娠中の弱りやすい胃は休ませてあげながら予防・回復させる事が大切です。

胃にやさしい食べ物・飲み物

  • 白身魚
  • 豆腐
  • キャベツ
  • ほうれん草
  • ホットミルク
  • 白湯

飲める薬はある!妊娠中期の胃痛にオススメの薬3つ

胃痛 イラスト 薬

妊娠中の胃痛はできたら自然に治したいものですが、どうしてもの時に妊婦さんでも飲んで安心な薬を紹介します。

以下の薬は主に予防に重点を置いている医薬部外品で、比較的に入っている成分が弱いといわれています。

ですが、どの薬も服用の前には必ず医師に相談をしましょう。

1.太田胃散

7種類の生薬からなる漢方薬で、妊婦さんや胎児への影響もほどんどないといわれています。

2.新ビオフェルミンS錠

本来、健康な人間の腸内にある乳酸菌から作られているので、自然な整腸作用があり副作用もないといわれています。

3.エビオス錠

妊婦さんにも安心して服用できる栄養補給にもなる薬です。

天然素材のビール酵母に含まれている40種類の成分が、ひどいつわりにも効果的だといわれています。

まとめ

妊娠中の胃痛は妊婦さんに起こりやすい事ですが、大切なのは日頃からの予防と起きてしまってからの適切な対処です。

放っておくと慢性化してしまったり、危険な病気に発展してしまう可能性も十分にあるので、早めに医師に相談する事も重要です。

 - 妊娠中期