ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

これって破水?妊娠中期の破水の原因や見分け方

   

破水と聞くと赤ちゃんが産まれる直前に「バシャ」っと出るイメージが大きいですが、少量の破水から陣痛が起こって出産、ということも多くあります。

ただこのような出産にすぐつながる破水は、主に臨月に入ってから起こります。では出産がまだ先の妊娠中期に破水が起こることはあるのでしょうか?

また破水してしまったらどうしたらいいのでしょう?今回は妊娠中期の破水についてまとめました。

そもそも破水って何??

8eda68f69af3c7c19135e7797eb99220_s

まず破水とは赤ちゃんんが包まれている子宮内の卵膜が破れ、羊水が膣から流れ出ることをいいます。

普通は出産が近づくて起こることがほとんどで、陣痛が起こり子宮口が最大に開き破水、出産となり、これを「適時破水」と呼びます。

ただし、人によって破水の起こるタイミングや量などには個人差があります。またその他にもいくつか破水には種類があります。

前期破水って何?

前期破水とは陣痛がまだ起こっていないにもかかわらず、破水してしまうことです。正期産時期(妊娠37週~)は問題のない場合がほとんどです。

しかしそれ以前の時期の破水は、お腹の赤ちゃんが細菌感染するリスクが高くなるので、すぐにかかりつけ医へ連絡して指示を仰ぎましょう。

完全破水と高位破水って何?違いは?

「完全破水」は子宮口近くの卵膜が破れ、一気に大量の羊水が流れ出る破水で一般的な破水はこの完全破水の場合が多いです。

一方、「高位破水」の場合は子宮の上部が破け羊水が流れ出てきます

この場合少量ずつ流れ出るため、軽い尿漏れやおりものとあまり区別がつかずに気づかない場合もあります。

妊娠中期に破水する原因3つ

では、出産にはまだ早い妊娠中期に破水してしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?

1.子宮頸管無力症

子宮頸管無力症は子宮と子宮口をつなぐ頸管がもともと短かったり、周囲の筋力が弱いことが原因で自覚症状なしに子宮口が開いてしまう病気です。

気づかずに子宮口が全開してしまうと、赤ちゃんが子宮口まで下りてくるため破水が起こってしまいます。

現在は健診でほぼ子宮頸管無力症かどうか判断できますので、きちんと健診に通って早期に対処するようにしましょう。

2.感染症

破水は卵膜が破れることで起こりますが、クラミジアや溶連菌などの感染症にかかった場合、膣内に炎症が起こり悪化すると子宮頸管にまで炎症が及ぶことがあります。

そうすると子宮頸管と接している卵膜も炎症を起こし破れ、破水が起こってしまいます

前期破水の原因としては、この感染症がもっとも多いようです。おりものに異変など感じたらすぐに受診するようにしましょう。

3.お腹に強い力や刺激が加わった時

重たい荷物を持ったりすることでお腹に強い力が加わったり、転んだり交通事故などの強い刺激が子宮に加わることでも、卵膜が破れ破水することがあります。

買い物などで重いものを持つ場合や、上の子の抱っこなど、なるべくパートナーにお願いして無理をしないようにしましょう。

これって破水?破水と尿漏れの見分け方3つ

69a6429eea0424efba52a4064465d6d5_s

中期に破水するとは思ってない妊婦さんも多いですよね。また高位破水だと少量ずつのため尿漏れとの区別もつきにくいことも多いようです。

破水と尿漏れを見分けるポイントはどんなものがあるのでしょうか?

1.におい

尿漏れの場合

尿特有のアンモニア臭がする。

破水の場合

無臭の場合もあるようですが、生臭いにおいがする場合が多いようです。

2.色

尿漏れの場合

尿の黄色がかった色である場合がほとんです。

破水の場合

少々白っぽい場合もあるようですが、ほとんどが透明に近い色です。

3.止められるかどうか

尿漏れの場合

尿の場合はくしゃみや立ち上がった衝撃で出ることが多いですが、その大半は気付いたら自力で止めることができます

破水の場合

破水はどのような体勢でも出ることがほとんどで、自分の意思で止めることができないのが特徴です。

判断に迷ったらどうしたらいい?

尿漏れとの見分け方でも、特に初めての妊娠の場合は自分で判断できないことも多いでしょう。

そんな場合はすぐにかかりつけの産婦人科へ連絡をして、状況を伝えましょう。

伝えるポイント

  • 妊娠週数
  • いつから始まったか
  • 色やにおい、量など
  • 痛みはあるか

看護師さんや助産師から聞かれることがほとんどですが、電話をかける前に一旦落ち着いてから上記のようなことを正確に答えられるようにしておくとスムーズです。

妊娠中期の破水が赤ちゃんにあたえる「2つ」の影響

bfde6e9fc0eb47ee5cd9d473e9094393_s

では中期に破水してしまった場合、お腹の赤ちゃんにはどのような影響があるのでしょうか?

1.感染症

破水するとそれまで外界から守られていた赤ちゃんが、外界と接してしまいます

破水して放っておくと、膣から入ったばい菌などが子宮内に入りこみ、赤ちゃんが感染症を起こす恐れがあります。

またこの感染症を防ぐために破水した場合、お風呂やシャワーには絶対入らないようにしましょう

2.羊水の減少による心拍低下

赤ちゃんは子宮の中で羊水に守られています。羊水は赤ちゃんがお腹の中で動くためになくてはならないものです。

また羊水が減るとママと赤ちゃんをつなぐ臍帯も圧迫され、酸素や栄養がうまく運ばれずに赤ちゃんの心拍も下がってしまいます。

そうなると緊急を要し、緊急帝王切開となる場合もあります。早産や死産の原因ともなりますので、破水かもと思ったらすぐに病院へ連絡しましょう。

妊娠中期の破水の「4つ」の主な治療法と入院生活について

緊急に赤ちゃんを取り出さなければならない場合以外は、入院して妊娠を継続させる治療が行われます。

前期破水時の治療法

1.感染症予防・治療のための「抗生剤の点滴」

破水すると子宮内と外界がつながりを持つため、細菌による感染症を真っ先に防がなければなりません

妊娠継続のための抗生剤の種類
  • フィニバックス
  • メロペン
  • カルベニン

細菌感染してなく妊娠を継続させる場合は、上記のようなとても広い範囲の菌に効果のある「カルバペネム系」の抗生剤が投与されます。

すでに感染症を起こしていた場合セフェム系の抗生剤、B群溶連菌の場合はペニシリン系の抗生剤を投与して、分娩を促すようです。

2.膣からの細菌感染を防ぐための膣内洗浄

まず膣内の感染症を防ぐためと感染していた場合、菌がそれ以上広がらないために膣付近や膣内の洗浄を行い、膣剤を挿入します。

膣内洗浄と感染予防・治療のための薬
  • 5%イソジン液(消毒・洗浄)
  • ウリナスタチン腟錠(洗浄/保険適用外)
  • クロマイ腟錠(カンジダ膣炎)
  • フラジール腟錠・チニダゾール腟錠(トリコモナス膣炎)

3.子宮の収縮を抑制するための薬の投与

bbcd6d61d16289a0a51105e3c26bda15_s

妊娠を継続させるためには、陣痛を促進させないためにも子宮の収縮を抑える必要があります。

子宮収縮抑制のための治療
  • ウテメリン(塩酸リトドリン)の服用または点滴
  • マグセント(硫酸マグネシウム)の点滴

ウテメリンの効果がみられない場合や副作用(動悸やふるえなど)が大きい場合は、マグセントを使用することが多いようです。

ただマグセントは副作用(筋肉痛・倦怠感・熱っぽさなど)も現れやすいようです。

4.赤ちゃんの肺の成長を促すためのステロイド投与

上記のような治療を行い、赤ちゃんの成長に問題がない週数まで、お腹の中で育つことができるようにします。しかし早産になる危険性はやはりあります。

そういった場合に心配なのは「呼吸窮迫症候群・脳室内出血・壊死性腸・敗血症」など、赤ちゃんの体が発達しきれていないことが原因による症状が出ることです。

これらをなるべく防ぐためにステロイドの注射(保険適用外)による治療が行われます。

使用されるステロイド
  • リンデロン
  • デカドロン

入院生活について

前期破水した場合はすぐに入院になります。また絶対安静を要することがほとんどなので、状態がきちんと安定しない限り退院できません

期間はママと赤ちゃんの状態によってだいぶ個人差はありますが、数週間から数ヶ月になる場合が多いようです。

また入院中は感染症を防ぐために、お風呂はもちろんシャワーもできません。体は蒸しタオルで拭きます。またウォシュレットもNGです。

シャンプーはしてもらえることもありますが、最近は水を使わないドライシャンプーも多く出ているので、そういったものを利用するといいでしょう。

また心配なのは入院費用です。月の医療費が自己負担額を越すような場合は「高額療養費」の申請を行い、自己負担額を超えた分を返還してもらうといいでしょう。

 

まとめ

2c44deb43b0cbdebfd1ed777e232ed2f_s

妊娠中期の破水は早産のリスクが大きく上がるため、赤ちゃんにとって大きな負担となることが多いようです。

普段から感染症に気をつけたり、無理をしないなど対処法はあるので気をつけたいですね。

また破水かなと感じたら早めに対処することが大切なので、すぐにかかりつけ医へ連絡しましょう

 - 妊娠中期