ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

これって大丈夫?妊娠中期の危険な腹痛の見分け方と予防法について

   

妊娠中期は安定期とも呼ばれ、つわりもおさまり妊娠中でも比較的体調がいい時期とされています。

お腹のふくらみも少しずつ目立ち始めて、ママになる実感もわいてくる妊婦さんも多いことでしょう。

そんな時期に腹痛が感じると「赤ちゃんに何か…」と心配になることもあるかと思います。

今回は妊娠中期に起こる腹痛の原因や見分け方などについてまとめました。

妊娠中期の問題のない腹痛&下腹部痛3つ

c76b534ab6895cb6d859047ac4838bca_s

お腹の赤ちゃんも大きくなり始めた妊娠中期。腹痛を感じると思わず流産や早産になってしまうのでは?と心配になりますよね。

妊娠中期の腹痛・下腹部痛には危険なものとそうでないものがあります。まずは問題のない腹痛について見てみましょう。

1.便秘による痛み

妊娠するとプロゲステロンという女性ホルモンが多く分泌されます。プロゲステロンは腸の活動を鈍くする働きがあり、初期から便秘になる妊婦さんは多くいます。

また中期になると大きくなった子宮に腸が圧迫されることで、さらに腸の働きが鈍り便秘が起こり腹痛を起こしやすくなります

腸と子宮はとても近い場所にあるので、便秘による腹痛を子宮の痛みと勘違いしてしまうことはよくあるようです。

2.子宮が大きくなることによる痛み

中期になると赤ちゃんの成長も早くなり、その分子宮もどんどん成長します。子宮は「円靭帯」という靭帯によって、吊り下げられるように固定されています

子宮が大きくなると、この円靭帯も伸びていくのですが元は数cmのものが30cmほどまで伸びます

中期に入ると急激に伸びていくため、下腹部に違和感や引っ張られるような痛みを感じるのです。

また腹痛以外にも円靭帯が伸びることで、足の付け根や腰、恥骨に痛みを感じる場合もあります。

3.前駆陣痛による痛み

前駆陣痛とは偽陣痛ともよばれるのですが、子宮が収縮することで起こる不規則な痛みのことで、子宮口は閉じている状態なので出産に直接つながるものではありません

出産が近づくと起こることが多いのですが、実は妊娠中期でもこの前駆陣痛は起こります。

お腹が張ったり子宮を締めつけられるような痛みなので、少し不安にもなりますが、痛みは徐々におさまります。

妊娠中期の危険な腹痛3つ

803647cd35396f52014ee7dd299c1a77_s

では注意しなければならない危険な腹痛には、どんなものがあるのでしょうか?

1.感染症が原因となる痛み

妊娠中は抵抗力が落ちているため、クラミジアやカンジダ膣炎などの細菌が原因の性感染症(STD)に感染しやすくなります

初期の段階で気づけばいいのですが、妊娠中はおりものの状態も変化しやすいため気づきにくいこともあります。

そのまま放置すると子宮内膜まで菌が繁殖し、子宮収縮を促したり炎症を起こすことで腹痛を起こしてしまいます

また早産しやすくなったり、出産時に赤ちゃんが産道感染し悪影響が出ることがあるので注意が必要です。

おりものに異変を感じたり、かゆみなどの違和感を感じた場合は早めに産婦人科を受診しましょう。

2.子宮収縮による痛み

安定期に入ると体調もよくなるため、つい無理をしがちになります。特に最近は産休ぎりぎりまで働く女性も増えています。

まだ後期ほどお腹も大きくなく動けるため、周囲に迷惑をかけまいと妊娠前同様頑張ってしまう妊婦さんも多いようです。

しかしそうすることで心身には思っている以上のストレスがかかり、お腹が張りやすくなり腹痛を感じやすくなります

放っておくと子宮収縮が頻繁に起こり、切迫早産などにつながりやすくなりますので、お腹の張りや痛みを感じやすい場合は、無理をしすぎないようにしましょう。

3.子宮頚管無力症による痛み

子宮頚管無力症とは、本来子宮口が閉じていなければいけない時期に子宮頚管(産道)の筋肉のゆるみから、子宮口が勝手に開いてしまう症状のことをいいます。

自覚症状がまったくないため、気づいたら子宮口が開いていたということがあります。子宮口が開いてくると陣痛を引き起こすため、定期的な張りや腹痛が起こります

原因は体質によるものがほとんどで子宮頚管が短い人が比較的なりやすく、現在は超音波検査で子宮頚管の長さから判断することが可能になっているようです。

早期に分かれば子宮口を縛る手術や安静にしておくなど対処できますので、健診にはしっかり通いましょう

危険な腹痛の見分け方と病院受診の目安5つ

76bb863a1ef4ef689366c636ec0b7214_s

子宮収縮なのか単なる腹痛なのか、初めての妊娠だと特に見分けるのが難しいですよね。

以下のような場合は、切迫早産や常位胎盤早期剥離などを起こしている可能性もありますので、早めに病院を受診しましょう。

1.長時間おさまらない

数時間横になったり休んでも、まったく腹痛がおさまらない場合は何か問題がある腹痛のこともあるので、早めに受診することをおすすめします。

2.お腹全体が痛い

子宮収縮にともなう痛みの場合、一部分ではなく子宮全体つまりお腹全体がキューっとしぼられるような痛みが起こります。

このような痛みが続く場合は気をつけましょう。

3.規則的な痛みがある

お腹全体の痛みが15分間隔など、規則的になってくると陣痛が引き起こされている可能性がありますので、すぐに受診しましょう。

4.出血している

腹痛と同時に出血している場合、少量で痛みもすぐひくようなら問題ないですが、痛みと出血が続く場合は、早めに受診しましょう。

5.胎動が弱い・感じられない

お腹の赤ちゃんの動きが弱い、動きを感じられないという場合は赤ちゃんが危険な状態におちいっている可能性がありますので、すぐに受診しましょう。

妊娠中期の腹痛の予防法3つ

693508274a78094d448b31cb456885bd_s

出産も徐々に近づいてくる中期の腹痛ちょっと心配になりますが、普段の生活で予防できることもあります。

1.体を冷やさない

妊娠中は体温も上がり暑がりになる妊婦さんも多く、ついつい薄着になりがちです。でも冷えて血行が悪くなるとお腹も張りやすくなります

夏場も冷たいものはとりすぎないようにしたり、薄手の腹巻などでお腹をあたためたりと体全体やお腹を冷やさないように工夫しましょう。

2.疲れたら休む

安定期だからといっても、体調が変化しやすいことには変わりありません。またお腹も徐々に張りやすくなってきます。

少し疲れたな、お腹が張ってるなと感じたら少し座って休む、横になれる場合は横になるなどして、無理をしないようにしましょう。

3.リラックスするようにする

お腹の赤ちゃんを心配する反面、周囲に心配かけないようにと無理をしているとストレスがたまります。

ストレスによる緊張状態が続くと心身ともに疲れやすくなります。妊娠中は抵抗力が落ちているので疲れは禁物です。

なるべくストレスをためずリラックスできるよう心がけましょう。

まとめ

妊娠中期の腹痛は多くの妊婦さんが経験するものです。問題のない腹痛と危険な腹痛がありますが、判断に迷ったらかかりつけ医を受診しましょう。

「こんなことくらいで」と躊躇してしまうこともあると思いますが、心配でストレスを溜めるよりは受診して安心する方が、ママにも赤ちゃんにとっても大切ですよ。

 - 妊娠中期