ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

癒着胎盤ってなに?原因・診断方法は?治療・手術ってどんなもの?

   

妊娠中や出産時には予想もしていない様なトラブルが起こる事もありますが、出産時に起こる問題として危険な病状が「癒着胎盤」と呼ばれるものです。

あまり耳にした事がないという方も多いかもしれませんが、癒着胎盤が実際に起こってしまうと母体の命にも関わってくるのです。

まずは癒着胎盤とはどの様な病状なのか説明していきます。

癒着胎盤ってなに?

imasia_5473418_M

出産の流れとしては赤ちゃんを娩出した後に暫くしてから軽い陣痛が起こり、赤ちゃんとお母さんを繋いでいた胎盤が子宮から剥がれ落ち体外へと排出されます。

しかし「癒着胎盤」の場合には胎盤の組織が子宮の筋肉層にまで達している為、胎盤が子宮の内壁から中々剥がれる事が出来ません。

赤ちゃんを娩出後に胎盤が排出されることにより、子宮の収縮が促され出産時の出血を止血しようとします。

しかし胎盤がきちんと排出されないと子宮の収縮が上手く進みませんので、子宮からの出血を止めることが出来なくなってしまい大量出血の原因となるのです。

この大量出血が原因でお母さんの命も落としかねません。

では何が原因で癒着胎盤が起こってしまうのでしょうか。またどの様にして癒着胎盤との診断がくだされるのでしょうか。

癒着胎盤の原因は?

癒着胎盤の大きな原因は子宮内に出来るはずだった「脱落膜」と呼ばれる膜に原因があります。

この膜は出産時に胎盤と共に体外に排出されるのですが、この膜が形成されなかったり形成されたとしても不十分な場合に癒着胎盤が起こるそうです。

そしてこの膜が出来ない原因には「前置胎盤」の様に胎盤が子宮付近に出来る病状を含め、様々な要因があるそうです。

癒着胎盤を引き起こす主な要因

adeno-myoma

  • 流産や人工中絶の手術によって子宮内に傷が付いている場合
  • 経産婦さんの場合
  • 先天性の子宮内膜形成不全の場合
  • 子宮腺筋症の場合
  • 粘膜下筋腫の場合
  • 子宮奇形の場合
  • 前置胎盤の場合
子宮腺筋症とは!?

妊娠すると子宮の中に子宮内膜と呼ばれる赤ちゃんのベッドが形成されるのですが、この膜が子宮の筋肉層にまで入り込み増殖してしまう病状を「子宮腺筋症」よ呼びます。

発症してしまう原因はまだ分かっていませんが、ストレスや冷え、免疫力の低下が考えられるそうです。

粘膜下筋腫とは!?

子宮筋腫の一つである「粘膜下筋腫」は子宮の内側に向かって出来る筋腫なのですが、ダラダラと少量の出血が続いたり月経時の出血量が多かったりするといった症状があります。

また粘膜下筋腫が出来ると受精卵が中々着床できずに妊娠しづらいと言われています。

しかしもし筋腫ができた状態でも妊娠できた場合には、その時の筋腫の大きさや自覚症状によって直ぐに治療を開始するのか産後にするのかといった治療方針を決定する様です。

前置胎盤とは!?

胎盤は赤ちゃんがお母さんから栄養や酸素をもらう為に欠かせない組織で、通常ですと子宮の上の方に出来ます。

しかし子宮内に何らかの傷が付いていたり炎症が起こっていたりすると胎盤が下の方の子宮口付近に出来てしまい、重症の場合には子宮口を完全に塞いでしまいます。

そして前置胎盤になった方の中0.05%〜0.025%の方が癒着胎盤になる可能性がある様です。

癒着胎盤の診断方法とその時期

20150915054415

では癒着胎盤になってしまっている方はどの様にして診断されるのでしょうか。

また診断される時期はいつ頃になるのでしょうか。もし早い段階で分かっていれば心の準備も違いますよね。

出産後にしか診断出来ないって本当!?

実は癒着胎盤だと診断される殆どの妊婦さんは赤ちゃんを娩出後約45分〜60分経っても胎盤が体外に排出されない場合となります。

稀に前置胎盤だと診断された方の中でMRIやエコーを使い癒着胎盤の疑いがあると診断される方もいらっしゃる様ですが、精密さには欠けます。

ですので基本的には出産前に癒着胎盤であるとの診断が出来ないのが現状です。

そして癒着胎盤だと直面した時にしか診断が出来ませんので、出産時の思いがけないトラブルに繋がってしまう事もある様です。

もし癒着胎盤だった場合には!?

出産時にもし癒着胎盤だと診断された場合には、その時の出血の量によって治療方法が変わってきます。

また状況によっては母体の命を優先させる為に行わなければならない手術もある様です。

癒着胎盤の治療法ってどんなもの?手術は必ず必要なの?

少量の出血の場合

少量の出血がある様であれば無理に剥がすと大量出血になってしまう可能性もあります。

ですので点滴を打って自然に剥がれて排出されるのを待ったり、そのまま経過観察をして後日摘出術を行う場合もある様です。

また担当の先生が直接手を子宮内に入れて胎盤を剥がすと言う処置を行う場合もある様です。

大量の出血の場合

コイル

 

母体の命に関わってきますので、子宮周辺の血管にバルーンカテーテルと呼ばれる風船の様な物を入れて止血する動脈血流遮断」を行ったり、子宮摘出術を行うそうです。

出血が起こっている原因が子宮となりますので、大量の出血の場合には母体の命を救う為にも子宮を全部摘出する手術になってしまうそうです。

まとめ

あまり聞きなれない「癒着胎盤」という病状ですが、母体の命に関わる大変危険なものになります。

そして出産時にしか診断出来ないという点も妊婦さんを不安にさせてしまう要因なのではないでしょうか。

出産には予期せぬトラブルがつきものですがこのようば病状があるのだと言う知識を頭に入れておき、万が一の時には直ぐに対処していただける様な産院を選ぶのも安心に繋がるかもしれませんね。

 

 - 出産