ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

里帰り出産の基本とは!?期間は?里帰り準備リスト!

   

妊娠中には色々と出産に向けて準備しなくてはならない事が沢山あると思いますが、中々決められないのがどこでお産をするのかという事ではないでしょうか。

出来ればご主人に側にいて欲しいと思う方もいらっしゃるでしょうし、でも産後の家事や育児を一人でこなせるのかなといった不安もあるでしょう。

出産する場合にはご主人と住まれている地域の病院を選ばれる場合と実家へ「里帰り出産」される場合があると思いますが、今回はこの「里帰り出産」について詳しく説明していきます。

里帰り出産のメリットやデメリット、またどのくらいの期間里帰りするのかなど意外と知られていない里帰り出産の実態について紹介しますので、まだどうするか決められていない方は参考になさってください。

里帰り出産とは?

500x0_56f22610-ccd8-4abc-b387-05ec0a0100e7.jpg

里帰り出産とはお母さんの実家に帰り、ご両親などのサポートを受けながら産前産後を過ごす事です。

実家が近い場合には出産時はご主人と住まわれている地域の病院を選び、その後育児が始まる産後のみ里帰りをされる方もいらっしゃる様です。

では実際に里帰り出産を決めた方たちはいつ頃里帰りをしているのでしょうか。

またどのくらいの期間を実家で過ごされるのでしょうか。

みんないつ頃里帰りするの?

妊婦さんの体調や里帰り先の病院にもよりますが、一般的には大体妊娠34週までには里帰り先の病院を一度受診する様に勧められるでしょう。

それ以降になってしまいますと、赤ちゃんがいつ生まれてもおかしくない状況になってしまいますので母子共に危険な状態になってしまいます。

また里帰り先の実家までの交通手段や移動距離等によっても、もう少し早めに帰省した方が良い場合もありますので、予め担当の先生に相談しておくと良いでしょう。

また出産後に里帰りする方ですと、赤ちゃんの1ヶ月検診が終わってからしばらくお世話になる様です。

里帰りする期間はどれくらいなの?

里帰りする期間というのは得に決まってはいませんので、実際には夫婦で話しあって決める様になるかと思います。

ただ多くの妊婦さんは妊娠32〜33週辺りから産後に受ける赤ちゃんの1ヶ月健診後位まで実家にお世話になる場合が多い様です。

しかし産後のお母さんの体調や赤ちゃんの体調を優先し、日程を調整する様にするのが一番良いのではないでしょうか。

迷ってしまう!里帰り出産のメリットやデメリットを教えて!

実家が遠い場合には色々と不安や心配事もあったりして里帰り出産にするのかどうか迷ってしまいますよね。

里帰り出産にはメリットもデメリットもありますので、そう言った面を踏まえた上でご主人と相談して決めると良いでしょう。

里帰り出産のメリット3つ

1.慣れ親しんだ実家で産前産後をリラックスして過ごせる

b03b971daed558041c72820e947450f9

やはり生まれ育った家で自身の家族と過ごす時間はお母さんにとってもリラックス出来るのではないでしょうか。

妊娠中はホルモンのバランスで情緒が不安定になりやすいので、お産に向けて気持ちを落ち着かせておくことも大切です。

また産後も赤ちゃんのお世話に集中出来るので安心して過ごせるでしょう。

2.先輩である実母に色々と相談に乗ってもらえる

子育ての先輩である実の母親に不安な事や心配な事などを相談する事で緊張が和らぎ、気持ちにも余裕が持てる様になるのではないでしょうか。

また陣痛が起こった時や出産の時などにも経験者である母親が側にいてくれる事はとても心強いでしょう。

3.産褥期の体をしっかりと休めることができる

出産は命がけで行いますので、産後はとても体力が落ちています。

その上赤ちゃんの夜泣きや夜間授乳などで中々夜も寝れない生活が続きますので、そう言った時に食事や洗濯などの家事を手伝ってもらえるのはとても有難いでしょう。

産後1ヶ月ほどは出来るだけ体を休め、元の体に戻す様に心掛けることも大切です。

産褥期とは!?

産褥期とは分娩後大体6週間〜8週間のことを指し、妊娠前の元の体に戻る前の期間を指します。

この間にお母さんは妊娠前の体に戻る様になるべく安静に過ごす事が勧められています。

この産褥期をどの様にして過ごすのかによってその後の体調が左右されると言われている程とても大切な時期なのです。

里帰り出産のデメリット3つ

1.赤ちゃんとご主人が暫く離れ離れになってしまう

出産時にはご主人が駆けつけてくれるかもしれませんが、その後は1ヶ月近く赤ちゃんと離れ離れになってしまいます。

ですので、中々父親としての自覚も芽生えにくく育児にもあまり積極的ではなくなってしまう可能性があるのです。

今ではスカイプなどの無料のテレビ電話がありますので顔を見せる事は出来るでしょう。

しかしやはり抱っこしたりオムツを替えたりと実際に触れることが出来ないので、新しい家族での生活が始まった時に中々対応出来ない場合もあるでしょう。

2.里帰り先への交通費など出費が増える

Airplaneticket-1000x666

 

里帰り先にご主人が一緒に挨拶へ伺ったり、立ち会い出産を希望している場合にはその時に病院へ駆けつけてくれたり等交通費が意外と多くかかってしまいます。

またいくら実家とはいえお世話になるのである程度の生活費を実家に支払ったり、ご主人が一人で過ごす間の食費を渡したり等でも出費がかさんでしまうでしょう。

3.実家の家族とお互いにストレスを感じてしまう

実家はリラックスできる場所ではあるのですが、どうしてもその分甘えが出てしまいお互いにストレスを溜め易くなってしまいます。

得に結婚して家を出た後に暫くして里帰りという形で戻るので、それまでの間に実家での生活スタイルも変わっている場合もあるでしょう。

また実家を継がれている兄弟が結婚している場合には義理の姉妹の方が同居している場合もありますので、そういった面でも気を使いストレスになってしまうこともあるのではないでしょうか。

里帰りで実家がストレス?!実家での過ごし方とお礼について

里帰り出産のデメリットでもお伝えしましたが、意外と実母と育児方針や生活スタイルについて意見が衝突してしまいお互いにストレスを溜め易くなってしまいます。

しかしお世話になっている身でもありますし、実のご両親にとっても孫が生まれるという嬉しいイベントですのでお互い気持ち良く過ごしたいですよね。

では里帰り中にストレスを溜めない様に過ごすにはどの様にすれば良いのでしょうか。

また里帰りでお世話になる場合にはお礼はどうすれば良いのでしょうか。

里帰りでストレスを溜めない為には!?

1.予め夫婦で育児方針を話し合っておき、それを両親に伝えておく

8c313fa8b9fd85432b44043fd0a7ec87-480x334

生まれてくる子どもの両親はご夫婦ですのでまずはどの様に育児をしていくのかしっかり話し合った上で、ご両親にもそれを伝えておきましょう。

孫の誕生ということでご両親も張り切って色々とお世話をしてくれるでしょう。

しかしどこまで手伝って欲しいのか、またそれ以上は踏み込んで欲しくないという部分があるのであれば出産前にしっかり話し合っておくことも必要です。

2.お互いの意見を尊重する

昔の育児の仕方と現代の育児の仕方では色々と変わってきている部分があります。

ご両親にとっては昔の育児が当たり前ですし、お母さんにとっては現代の育児が当たり前だと思いますが、お互いが全てを押し付けるのではなくそういった考えもあるのだなと受け入れる気持ちも必要です。

もしご両親に現代の育児方針を受け入れてもらえない様な場合には、母親学級でもらった資料などを一緒に見て説明されると良いかもしれませんね。

3.感謝の気持ちを伝える

いくら実の両親とはいえ何でもしてもらって当たり前では良い気持ちがしませんよね。

お世話をしてもらう為に里帰りしているにしろ、手伝ってもらったり助けてもらった場合には一言「ありがとう」と添えると良いですね。

里帰りで渡すお礼の相場とは!?何を渡せばいい!?

里帰りとなると最低でも産前と産後で約2ヶ月近くは実家でお世話になることになるでしょう。

そしてその間の食費や水道光熱費などを実家に負担してもらわなくてはなりません。

ご両親によっては実家なんだからそんなに気を使う必要はないとお礼を断られる場合もあるでしょう。

しかし結婚して世帯が別になっている以上ご主人の顔を立てる為にもある程度のお礼はしておきたいですよね。

では皆さんは大体どのくらいの金額でどの様な物をお礼として渡しているのでしょうか。

お礼としての相場は!?

PPC_1manensatu4mai500-thumb-750x500-1062

一般的には一月に2万円かかるとし、滞在する月の分を渡す様です。

また上のお子さんを一緒に里帰りさせる場合には一月に5千円程を追加して渡す方が多いそうです。

しかしあまり細かい数字で区切ってしまうのは相手に不快感を与える可能性もありますので、キリの良い5万円や10万円と言った金額で渡すのがスマートかもしれませんね。

現金!?それとも物が良いの!?

ご両親がどの様な性格なのか一番良く分かっているお母さんが決めるのが一番良いでしょう。

しかしやはり一番多くの方がお礼として渡したのは現金の様です。

それ以外には商品券や温泉の旅行券などを渡すのも良いかもしれませんね。

準備はOK?里帰り出産に必要な物とは

里帰り出産をするとなると実家へ色々と持っていかなくてはならない物があります。

また実家で赤ちゃんをどこにどの様にして寝かせるのかや沐浴に使うベビーバスなど、家のどのスペースを使って良いのか等をご両親と相談しておくと良いでしょう。

里帰り出産するに当たって予め準備しておくと良い物を紹介しますので、里帰りする際には照らし合わせてみると良いですね。

里帰り出産準備チェックリスト!

1.お母さんが着る服

里帰りは大体2ヶ月ほどされる方が多いのですが、産前と産後では体型もかなり違ってきますので服選びも中々難しいですよね。

産前は約1ヶ月ですのでその分を持ち帰り、産後1ヶ月は外出も出来ませんし殆ど赤ちゃんのお世話でパジャマで過ごす時間が多いですので、そんなに沢山は必要ないかもしれませんね。

どうしても服が多くなってしまう様であれば先に実家に送っておくと移動も楽になるでしょう。

2.赤ちゃんの肌着や服

97f0416ef504415dc6224016fd760005

生後1ヶ月の赤ちゃんは殆ど寝て過ごしますので、使う服は肌着がメインになるでしょう。

ただ時期によっては生地が厚めのツーウェイオールなどを用意しておくと良いですね。

3.入院する際に必要な物

母子手帳や印鑑、妊婦健診の補助券など里帰り先の病院でも必要な物は必ず忘れない様にしましょう。

また里帰り先では自治体が発行している妊婦健診の補助券が使えない場合もありますので、予め市役所などで確認し必要な書類を揃えておきましょう。

里帰り先で補助券は使えないの?

妊婦健診の補助券は自治体が提携している産院でしか使えません。

基本的には同じ自治体の中での使用となるのですが、県外でも提携している病院がある場合にはそのまま使える事もあるので予め里帰り先の病院にて確認しておくと良いでしょう。

またもし補助券が里帰り先で使えなかった場合でも領収書や必要な書類を提出すれば後日払い戻しをしてくれるでしょう。

ですので、そう言った手続きには何が必要なのか事前に市役所などで確認しておくと良いですね。

4.ベビーベッドやベビー布団の準備

出産後に赤ちゃんはベビーベッドで寝るのか、それとも床にベビー布団を敷いて寝るのかによって準備する物も変わってきます。

事前に産後はどこの場所で過ごす様になるのかを実家に確認しておくと良いですね。

また産後1か月だけでしたらベビーベッドやベビー布団もレンタルがありますので、そう言った物を利用するのも良いかもしれませんね。

5.ベビーバスの準備

赤ちゃんは退院してから毎日沐浴をします。

感染症などの心配がありますので、普通の湯船には生後1か月健診の後まで入れません。

その為ベビーバスを用意する必要があるのですが、これも1ヶ月程しか使いませんのでレンタルでも十分かもしれませんね。

6.カメラやビデオカメラ

photo03

赤ちゃんの成長は著しく日々成長していきます。

お母さんは毎日の育児に追われてゆっくり子供の成長を見る暇もないかもしれませんが、写真やビデオを撮っておき落ち着いた頃に見直してみるのも良い記念になるのではないでしょうか。

またご主人も離れていてその成長ぶりをすぐには見れないでしょうから、成長の過程を写真に収めておき見せてあげると良いですね。

まとめ

産前産後の女性は得に不安やストレスを抱えがちですので、安心してお産に臨める様に実家へ里帰りをして出産される女性も多い様です。

しかしリラックスして過ごせたり産後のお世話をしてもらえて楽になる分、ご主人と暫く離れなければならなかったり余分な出費がかかったりとデメリットもあります。

どこで出産するかはお母さんになる妊婦さんの意見を尊重するのが良いと思いますが、まずはご夫婦でしっかり話し合いをしてから決めると良いですね。

 - 妊娠後期