ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

里帰り出産のお礼金額相場とあとからギクシャクしないための常識マナー

   

「床上げ3週間」と言われるように、産後3週間は横になって身体を回復させることが望ましいとされています。

そうなると家事はなかなかできないので、パパの協力を得るのが難しい方は里帰り出産を選択する人も多いでしょう。

里帰り出産は、上げ膳据え膳で親のお世話になるものの、生まれたばかりの孫と過ごす時間を作れて親孝行でもあるから、多少甘えてしまおうかな。と思う人もいるかもしれません。

でも、そんな気持ちがトラブルの元。お互い気持ち良く里帰り出産ができるよう、お礼とマナーについて予め知っておきましょう。

ばあばが考える、妥当なお礼金額

50代以上の女性が考える「里帰り出産の際のお礼金額について」のアンケート調査の結果がありましたので紹介します。

どの程度の金額が妥当と思うか?

  • お礼は必要ない:66パーセント
  • 1万円未満:13パーセント
  • 1万円~5万円:13パーセント
  • 5万円~10万円:7パーセント
  • 10万円以上:1パーセント

34パーセントのばあばが、「お礼は必要」と考えている一方、同じ機関が行った別の調査では、80パーセントのママが、「里帰り出産の際にお礼をしなかった」と回答しています。

実家だからと甘えてしまうと、後々しこりを残しかねません。感謝の気持ちを込めて、里帰り期間に合わせた金額を包むようにしましょう。

里帰り出産すると、実家の生活費はどうなる?

それぞれのご家庭の事情によって里帰りする期間もさまざまですが、産前1ヶ月、産後1ヶ月の合計2ヶ月という方が多いようです。

産休に入る頃実家に帰り、1ヶ月健診が終わったら自宅に帰るというパターンですね。

では、この2ヶ月間里帰りすることで、実家はどの程度のお金を出費することになるのでしょうか。

里帰り出産の受け入れで実家が出費するお金

生活費については、それぞれのお宅のライフスタイルによって大きく異なりますので、参考までに平均的な数値について紹介します。

食費

家族が一人増えると食費はどの程度増えるのでしょうか。食事は家族全員分まとめて作るため、まるまる一人分増えるわけではないで計算が難しいかもしれません。

そこで、次のデータを参考にしてみてはいかがでしょうか。

総務省統計局調査:世帯人数別、1ヶ月あたり食費の平均値
  • 3人世帯:68,000円
  • 4人世帯:77,000円
  • 5人世帯:84,000円

この調査結果より、家族が一人増えると食費は1ヶ月に7,000円~9,000円程度増えることがわかります。

水道光熱費

赤ちゃんがいると、空調にいつもより気を遣ったり、沐浴でお湯を使ったりするので、水道光熱費は通常よりも高くなりがちです。

6畳のお部屋を里帰りママの部屋と仮定して費用を計算してみましょう。

冬の空調代

冬生まれの赤ちゃんを受け入れる場合、24時間エアコンをつけっぱなしにすることがほとんどでしょう。

その場合1ヶ月で電気代はおよそ7,000円程度かかります。

加湿器は、タイプによって電気代が大きく異なります(※)。1日10時間運転したとして1か月あたり約200円~2,000円程度です。

※加湿器には、熱くならない気化式・超音波式と、加熱した蒸気を出すスチーム式があります。熱くならない気化式・超音波式は電気代が安く、1ヶ月200円程度です。

加熱した蒸気を出すスチーム式は電気代が高く、1ヶ月2,000円程度になります。

夏の空調代

夏生まれの赤ちゃんを受け入れる場合も、やはり空調は24時間つけっぱなしにすることが多いでしょう。

エアコンを24時間、1ヶ月稼働させたとした場合の電気代はおよそ6,000円程度です。

沐浴代

1回のお風呂に20リットルのお湯を使うとすると、水道代+ガス代でおよそ1日あたり15円程度になります。1ヶ月では450円前後です。

里帰り出産のお礼金額はどうやって決める?

以上より、食費と水道光熱費だけでも、実家は里帰りを受け入れる約2ヶ月間で3万円程度の出費をすることがわかります。

このことを考慮し、実家が費用として負担することになる3万円に加えて、ばあばへの感謝の気持ちとしての金額をプラスした金額をお渡しするのが妥当なのではないでしょうか。

また、里帰り出産とは大切な妻と子の面倒を見てもらった、という意味でパパがお礼を包んで渡すのが、より今後の関係を円滑にすることに繋がるでしょう。

お礼の渡し方は?お金だけでOK?

お金はもちろん裸で渡すのではなく、しっかりと常識のあるパパだと思ってもらえるよう、のし袋に入れて渡しましょう

のし袋は、「蝶結び」のものを選びます。蝶結びは何回でも結びなおすことができる結び方なので、出産のように何回あってもおめでたい出来事の時に使います。

表書きは、シンプルに「御礼」でよいでしょう。もし、出産の際にお祝いをもらっていて、お返しがまだである場合は「出産内祝」でもよいです。

お金だけ渡すのは、ちょっとドライ過ぎて嫌だなぁ、という場合は、気の利いたプレゼントとメッセージカードを添えてみるのはいかがでしょうか。

御礼のお金を受け取ってもらえなかったときでも、プレゼントなら受け取ってもらえる可能性が高いので、準備しておくことがおすすめです。

里帰りママ、どんなプレゼントを渡してる?

  • 赤ちゃんの写真や名入れギフト(フォトフレームなど)
  • プリザーブドフラワー
  • ばあばの好きなスイーツ
  • 商品券

まとめ

実家だからと甘えていると、何かとトラブルになりがちな里帰り出産。実の親子だからこそ、難しいことも多いですよね。

ママの体験談の中には、「明日帰りなさい!」などと言われたなんていう話もしばしば。

せっかく、ばあば・娘・孫が一緒に長期間過ごせる貴重な機会なのですから、マナーをしっかり心得て良い思い出にしましょうね。

 

 

 - 妊娠後期, 産後