ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

1歳6ヶ月検診では何を診るの?準備は?もしひっかかったらどうなるの?

      2017/01/12

1歳半も近くなるとぐんと子どもらしくなり、歩くようになったり言葉が出始めたりと、精神面での成長も楽しみな時期です。

1歳6ヶ月健診のお知らせはもう受け取りましたか?成長を診てもらえるのが楽しみな反面、1歳6ヶ月健診ってどんなことをするの?と気になる方も多いのではないでしょうか。

1歳6ヶ月健診とは

画像出典元:http://www.dailymail.co.uk/health/article-2936977/Baby-boys-dilemma-parent-experts-say-boys-circumcised-ignoring-worrying-risks.html

1歳6ヶ月健診は、母子健康法で定められている乳児健診の一つです。

 通常は、1歳6ヶ月までに対人関係の基礎である社会性やコミュニケーションの土台が芽生えてきます。

(中略)

1歳6ヶ月は、コミュニケーションの性質や遊びの性質、対人関係など、子どもの発達を確認するのにふさわしいタイミングなのです。

出典元:http://www.rehab.go.jp/ddis/発達障害に気づく/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B8%E5%88%A5/%E5%81%A5%E8%A8%BA%E3%81%A7%E3%81%AE%E6%B0%97%E3%81%A5%E3%81%8D/#_142

1歳未満の健診は、自治体によって無償のものと任意で受けるものとが異なりますが、1歳半と3歳の健診は、厚生労働省により義務付けられているもの。つまり、無償で受けられます

1歳健診を受けたばかりだと感じる人もいるかもしれませんが、子どもの成長を確認できる良い機会です。また、発達に関して気軽に相談できる場でもあります。お知らせを受け取ったら、忘れずに受けるようにしましょう

健診では何をするの?

内科健診

身長体重と、頭囲、胸囲を測定します。それから、聴診器で胸やお腹の音を聴いて異常がないかを診たり、大泉門の閉じ具合を確認したりと、体全体のチェックをします。

身長計は寝かせて測るタイプのものが置かれている場合も多いですが、体重計はベビースケールではなく、立って測定するものを使うことがよくあります。赤ちゃんが一人で乗るのが難しい場合には、抱っこで計り、そこからお母さんの体重を差し引きするので心配いりません。

発達のチェック

言葉の理解がどのくらいできているか、手や指の細かい動きができるか、一人歩きができているかを見ます。具体的には、以下のような方法を取ります。

具体的なチェック方法

  • 小さな積み木を3~5個積み上げることができるか
  • 絵本をめくることができるか
  • 動物や食べ物の絵を見せて、保健師が言ったものと同じ絵を指さすことができるか
  • こんにちはやバイバイといった挨拶にどのような反応をするか

チェック方法は自治体によって様々ありますが、積み木と指さしのチェックをするところが多いようです。一人歩きについては、特に医師の前で歩かせるわけではなく、会場を歩いている様子を見て判断されるようです。

テストのように思えるかもしれませんが、普段はできてもその場でできない子も大勢いますので、あまり気負わなくても大丈夫です。

問診

母子手帳にもあるように、離乳が完了しているか、コップで飲むことができるかを聞かれます。それ以外にも言葉がどのくらい出ているかや、一日の生活リズムについて話をすることも多いようです。

言葉については、ママ・パパ・ブーブーなど、意味のある言葉が2語以上出ていれば問題なしとされています。事前に記入しておいた問診票を元に話をするところもあります。何か心配事があったらメモを取っておくなどして、聞き忘れないようにしましょう。

歯科検診

歯科医による健診で、歯の本数や生え方、虫歯の有無を診ます。フッ素塗布や歯磨き指導を行っている自治体もあります。

一応の乳歯の並び方がわかる時期でもあり、極端な歯並びの異常などもこの時点で診断され、定期的に歯科医師の判断を仰ぐという意味においても重要な意味をもちます。

出典元:http://www.hachinohe.aomori-da.org/wordpress/kenshin_1_6/

1歳6ヶ月健診の準備をしよう

画像出典元:http://item.rakuten.co.jp/selection/516-09674/

健診に持っていくものを確認しよう

忘れ物があると、落ち着いて健診に臨むことができませんよね。特別なものは必要ありませんが、事前にしっかり確認して、気持ちよく健診を受けられるようにしましょう。

必要な持ち物

  • 母子手帳
  • 記入済みの問診票(事前に送付されている場合)
  • 替えのオムツとおしりふき
  • ガーゼやタオル
  • 水分補給用のマグや水筒
  • 普段から使用している歯ブラシ

子どもによっては、気分を落ち着けるためのおやつやおもちゃがあるといいかも?その他、自治体によって持ってくるように指示されているものがあるかもしれませんので、お知らせの手紙をよく読みましょう。

健診に行くときの心構え

健診では普段の様子が知りたいので、チェックに備えて事前に練習をしておく必要はありません。ただ、散歩の時に「ワンワンがいるね」「お花が咲いているね」と指をさしながら話しかけるなどして、指さし」の動作に慣れさせておく安心です。

まだまだ発達にも個人差の大きい時期です。それぞれの子どものペースで成長しているので、できないことがあってもあまり悲観的にならず、不安や悩みを相談しに行くくらいの心づもりでいましょう。

もしひっかかったらどうなるの?

画像出典元:http://ほっとニュース.com/archives/3221

子どもが積み木や指さしのチェックを嫌がったり、ぐずったりしてうまくできないことは十分に考えられます。健診の時にできなくても、普段やっているようなら、まずはそのことを伝えましょう。保健師さんもその場の様子と親の話を聞いて判断します。

また、言葉の出がゆっくりだったり、一人歩きができていないなどで「要観察」となることもあります。その場合は、数か月後に電話がかかってきたり、2歳頃にもう一度健診を受けたりすることになります。

「要観察」となったからと言って、イコール子どもの発達が遅れているとか、障害を持っているということではありません。以下のような専門家の意見もあります。

1歳半健診の時に歩いていないと、2~3ヶ月後に再検査と言われる事があると思いますが、1歳半過ぎて歩かない子は珍しくありません。

出典元:http://www.paci-gakushi.com/ikuji/2718/

よくしゃべる子になると10語くらいの言葉を言えることもあります。しかし、この時期はたとえ一つでも話せれば発達と発育面ではまず問題はありません。

出典元:http://sesame-club.com/hatuiku/1sai6-h.html

このように、ただ発達がゆっくりなだけという場合も多いので、保健センターかかりつけ医と相談しながら見守りましょう

その子の成長を見守って

画像出典元:http://www.pitterpatter.com.my/4-great-tips-for-bonding-with-your-newborn-through-exercise/

1歳6ヶ月健診は、保健センター等で行われる集団検診です。そのため、同月齢の他の子どもたちを見ることのできるよい機会でもあります。しかし、他の子どもたちと一緒になると、自分の子と比べて周りのみんなの発達が早いように思えて焦ってしまうこともあるでしょう。

特に、自分の子が言葉がゆっくりだったり、歩き始めが遅いと感じていると、周囲に置いて行かれたような気がして不安が増長されてしまうという人もいるかもしれません。でもそこでちょっと考えてみてください。

周りの子ではなく、自分の子のことを。一か月前、二ヵ月前と比べてできることが増えていませんか?ママやパパと、言葉ではなくてもその子なりのコミュニケーションが取れるようになってきていませんか?

周囲と比べるのではなく、以前のその子と比べて成長を見るようにしましょう。そして、ちょっとでも気になることは問診のときにしっかり質問してきましょう。

まとめ

子どもの成長や発達状況を客観的に見ることのできる機会、それが乳児健診です。不安なことや気になることはどんどん聞いて、ママが安心できる場になるといいですね。持ち物の準備をしっかりして、おおらかな気持ちで臨みましょう。

 - 育児, 赤ちゃん