? 外出先での新生児の授乳、皆はどうしてる?服装は?おすすめの場所は?持っておきたいアイテムは? - ベビスマonline

ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

外出先での新生児の授乳、皆はどうしてる?服装は?おすすめの場所は?持っておきたいアイテムは?

      2017/02/18

外に出たいけど授乳のことで外出に戸惑いのあるママ、いらっしゃいませんか?母乳育児の赤ちゃんは、外出すると授乳のリズムが崩れてしまうこともあります。

いつおっぱいを求められるかと思うとドキドキしちゃいますよね。おでかけの場所によっては、どこで授乳していいのか迷ってしまうこともあります。

そんなママのために、ここでは外出先での授乳のマナーやおすすめのアイテムについてまとめました。今まで外出をためらっていたママも、これを読んでぜひ赤ちゃんと外出してみましょう!

人前での授乳はマナー違反?

33f0988fcd3324aa84d49beea0cd52d4_m

授乳は赤ちゃんにとって大切な食事の場。けれど、いつでもどこでもおっぱいを出すわけにはいきませんよね。最近では、授乳室を備えた施設も増えてきていますが、まだまだその場所は限られています。

昭和の始めごろは「人前で授乳をすることは当たり前」という時代でした。外で母乳をあげる姿を見て育ったから自分も外での授乳に抵抗がない、と思われるママもいるようです。

近年、公共の場で授乳することについてはインターネット上でも大きな議論になっています。

肯定的な意見はどんなもの?

授乳室ではない公共の場で授乳することについて、肯定的な意見は次のようなものがありました。

えー、人前で授乳、結論としてはしていることになるかな。

というのも、2人目以降、必ず赤ん坊以外に幼児が付いてくるので?赤ん坊が泣いているからといって、必ずしもすぐ授乳室にいけるとは限らないからです。

ただし、私はスリングユーザーなので、必ずスリングと上着などで見えないようにはしてますし、そのための服装を(フロントオープン可・必ず重ね着)工夫したり、外食時などはいざというときのために出来るだけ目立たない席を探したりと、最低限目立たないような工夫はしてます。

引用元:教えて!goo「人前での授乳について。男性の意見もお願いします」より

公共の場での授乳に肯定的な方でも、おっぱいをその場でポロリと出すことはほとんどないようです。また、授乳ケープなどを使い周囲に見えないよう配慮して授乳することはマナーの一環となっていることがわかります。

肯定的な意見のまとめ

  • 赤ちゃんがお腹を空かせて泣いているのを見ていられない
  • 赤ちゃんが泣きだしてすぐに授乳室に行けるわけではない
  • 外での授乳風景を見て育った
  • 授乳ケープや服装、角度などを工夫し、人目にさらされないように気を付けている

否定的な意見とは?

対して、公共の場での授乳に否定的な方の意見はこのようなものでした。

昔は人前でも授乳してた、確かにそうです。

しかし昔は、今より大人と子供の集う場所がはっきり別れていて、皆がそれを守っていたように思います。

電車や病院での(緊急授乳)はありですが、素敵なカフェや、高級ホテルのラウンジでの授乳は無しです。

どうしてもそこに居なければいけない理由なんて無いのだから、単に親の身勝手ではないかな、と思います。

授乳室やキッズルームがない場所は、大人の場所です。

子連れで行くのは避けるべきだと思います。

引用元:教えて!goo「授乳って恥ずかしい事??(長いです)」より

授乳に関して現代人の感覚は昔と違う、という認識の方はやはり多くいらっしゃいます。ただし、授乳室等個室で行うべき(もしくは外出しない)と思う方ケープ等で隠せばOKと思う方がいるようです。

否定的な意見のまとめ

  • どこでも授乳するのはモラルがない、マナー違反である
  • 隠さず堂々とされると目のやり場に困る
  • 胸は性の象徴でもある為堂々と出すべきではない
  • 男性が性器を露出するのは犯罪なのに女性が許されるのはおかしい
  • 大人の娯楽の為の場所に子どもを連れていくべきではない

ケープを使えばどこでも授乳していいの?

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

公共の場での授乳には、最低限ケープなどで隠すことがマナーという認識の方が多いです。と言っても、授乳ケープを使えばどんな場所でも授乳してもいいのでしょうか

「ケープを使いカフェで授乳するのに疑問を感じた」というネットの質問に対して、次のような意見があります。

私も授乳ケープでカフェとかそういう授乳室も無い場で授乳されるのは、あまり好ましいとは思いません。

授乳室も何もないということは、赤ちゃんを連れてくることを想定されていない場だからです。

それならそれで、あげる側が配慮して、きちんと対策なり何なりすべきだと思うので。

引用元:Yahoo!知恵袋「授乳ケープを使っての授乳について」より

この回答者の方も母乳育児中で、外出先での授乳経験もあるそうです。このようにケープを使っての授乳でも時と場合によって違和感があったり気まずさを感じたりする人もいます。

また、中には不快に思う人、いかがわしく思う人がいる可能性もあります。外出先での授乳は「時・場所・場合TPO」を考え、その時々で周囲の人に配慮し行動することがマナーと言えるでしょう。

絶対にさけるべき授乳場所5つ

87d9d9baed9537088590e89e91a952b4_s

1.夫以外の男性がいる場

赤ちゃん関係のイベントで同じ境遇の方が沢山集まっていると、ついその場で母乳を与えたくなりますよね。けれど、その場にパパたちも参加しているのであれば、授乳は別の場所か目につきにくい場所で行いましょう。

男性の多くは授乳風景を目の前にすると、目のやり場に困ってしまうのではないでしょうか。困惑の他に不快な気持ちやいかがわしい気持ちを持ってしまう人がいないとも限りません。

また、親戚一同が集まるような場所でも注意が必要です。男性も気まずいですし、その奥様も不快な思いをする可能性があります。

2.大人向けの飲食店

雰囲気のあるカフェやレストラン、ラウンジなどの飲食店は、大人が楽しむ場所です。そのため、そもそも赤ちゃんを連れていくのが非常識という考えもあります。

このような大人の楽しみの為の場所では、授乳は控えたほうがよいでしょう。

3.駅のホーム

駅のホームは不特定多数の人が頻繁に行き来する為、多くの人の目にさらされる可能性が高まります。また、混雑することもあり、授乳していると物理的に迷惑になる可能性もあります。

4.図書館

図書館では読み聞かせなど赤ちゃん向けのイベントもあり、定期的に行く機会もあるかもしれませんね。しかし本来、図書館は本を読む場所。授乳室のない場所での授乳はマナー違反です。

授乳室があるかどうかわからない場合は、事前に電話確認をしましょう。

5.トイレ

赤ちゃんが泣いてどうしようもなくトイレで授乳した、という話を聞くことがあります。しかし、やはりトイレでの授乳は衛生上おすすめできません。

またトイレの数が少ない場合に他の人に迷惑をかける可能性があります。トイレでの授乳は、本当に緊急な時の最終手段と考えたほうがよいでしょう。

外出時におすすめの授乳場所5つ

702f66d0466deecd4ab376331cca65ae_s

1.授乳室

最近、ショッピングセンターやデパートには、授乳室がある所がとても多いです。そういった所を選んで外出をすると、気兼ねなくお出かけを楽しむことができそうですね。

授乳室には個室型と相部屋型がありますが、相部屋型でもケープ等を使用するママは少ないようです。中には、授乳室があるにも関わらずその辺のベンチで授乳するという人もいるようです。

しかし、授乳室がある場合はそこへ行くのがマナーととらえる人もいることを忘れないようにしましょう。

2.車の中

緊急の授乳で最もよく利用されるのが、自家用車の車内です。待っている人を気にすることもなく、ゆっくり落ち着いて授乳ができるのが最大の魅力ですね。

授乳の時は、ケープやカーテンなどで目隠しするのを忘れないようにしましょう。また、必ず停車中に授乳しましょう。まれに、悲しい事故が起こっています。

3.ファミリーレストラン

子ども連れでも入りやすいファミリーレストランも、授乳しやすい場所の一つです。注意点は、こちらも多数の人が集まる場所であるということです。

当たり前のように授乳することを不快に思う方がいる可能性があります。授乳する可能性がある場合は、隅の席を選びケープを持参するなど、周りに配慮した行動をとりましょう。

4.新幹線の座席

実は、新幹線では乗車中に車掌さんに申し出ると、授乳やオムツ替えのできる部屋を使わせてくれます。しかし、車掌さんがなかなかつかまらない場合や、その部屋がすでに利用中の場合も考えられますよね。

このような場合は、座席で授乳することが容認されることが多いです。ケープ等、目隠しになるものを持って行きましょう。赤ちゃん連れで新幹線に乗る場合は、授乳シーンも想定して指定席を取ると良いでしょう。

その際、赤ちゃん連れであることを相談すると、隣に他人がこないように席を予約できたりするので安心ですよ。

5.完全個室の飲食店

お宮参りなど赤ちゃんのイベントで、雰囲気のある料亭やレストランを利用したりすることもありますよね。雰囲気のある大人向けのお店でも、完全個室の飲食店であれば授乳しやすいです。

授乳する時はお店の人に一言伝えておけば、お互い気まずい思いをすることはあまりないでしょう。多くの親戚が集まる食事会では、隅の方で授乳するか、仕切りのある所で授乳すると良いですね。

授乳しやすいおすすめの服装

2b0c25bbf2ef79a8f9f35dedd5f8e750_s

外出先でもの授乳しやすさを考えた時にトップスは重要ですが、やはりおすすめは授乳服です。授乳服には授乳口という穴の部分があり、外から見ると全く目立たないですが胸を出しやすい構造です。

授乳服が苦手…というママには、シャツのような前開きの服がおすすめです。更に大切なのは授乳専用のインナーを着用することです。

トップスを授乳専用にしてもインナーが普通のものだったらとても授乳しにくいんです。ブラジャーやキャミソールはパット部分がめくりやすいものや肩紐から外せるものがあり、胸をサッと出せますよ。

揃えておきたいお外での授乳を楽にするアイテム5選

dce897b6fbea4a5d4db514024fed5c10_s

1.授乳ケープ

授乳ケープには大きく分けて3種類あります。それぞれメリット・デメリットをまとめました。

授乳ケープの種類 メリット デメリット
エプロン型 赤ちゃんの顔を見ながら授乳できる 背中が隠れないので服装や周囲に気を遣う
ポンチョ型 背中が隠れるので服をめくっても授乳できる 熱がこもって赤ちゃんが暑い場合がある
ストール型 授乳以外にいろいろな使い方ができる 赤ちゃんがボタンを外すことがあるので注意が必要

ご自分にぴったりのものを選べると、より安心して外出を楽しめますね。いきなり使用すると赤ちゃんが泣いてしまう場合があるので、事前に練習すると良いですよ。

2.授乳服・授乳用インナー

外出先でスムーズ・スピーディーに授乳をしようと思ったら、やはり授乳服や授乳用インナーは欠かせません。授乳服についている授乳口はめくるタイプの他に、ボタンやファスナーがついているタイプがあります。

カジュアルの他にフォーマルウェアもあるので、用途に合わせて選ぶことができます。授乳用のインナーは授乳しやすいというだけでなく、様々な機能のあるものが売られています。

その為、迷ったら胸のお悩みに合わせて選ぶと選びやすいですよ。例えば、乳首がこすれて痛みを感じている場合には、胸に優しい素材のものを選ぶと良いでしょう。

胸の形崩れが気になる方には、授乳用でも胸の形を整えてくれるブラジャーもあります。

3.授乳ストラップ

授乳服が苦手、授乳服ではないものを着ないといけなくなった、という場合にあると便利なのが授乳ストラップです。授乳の時に洋服を捲り上げると、どうしてもずり落ちてしまいますよね。

授乳ストラップがあれば洋服を引き上げた状態でキープできるので、外出先での授乳がよりスムーズになります。ただし、外出先の利用する時は授乳ケープなどの目隠しになるものと併用する必要があるでしょう。

4.バスタオル

バスタオルはいろいろな使い方ができるので一枚あると重宝します。例えば、丸めて赤ちゃんの頭に敷けば授乳クッションの代わりになります。

授乳中や授乳後、赤ちゃんが吐いてしまった時にすぐ拭くこともできます。ちょっと寒そうな場所では、ブランケット代わりにかけてあげることもできますよ。

5.哺乳瓶・ミルク

どうして外出先での授乳が不安な場合は、ミルクに頼ることも一つの方法です。一度や二度ミルクにしたくらいで母乳が止まることはありません。

それでお出かけ先でのママが笑顔になれるのなら、赤ちゃんにとってそれが一番なのではないでしょうか。外出先でミルクを与える場合には、粉ミルクと哺乳瓶、お湯を持って行くようにしましょう。

荷物は増えますが、湯冷ましもあれば作ったミルクを冷ます時間を短縮できます。デパートなどの授乳室には調乳用のお湯が用意されている所もありますよ。

外での授乳で気を付けること

cc034b7839bdcf5dc1d73f7f7ba6d6f0_s

赤ちゃんを育てるということは偉大な大仕事です。しかし、それが所構わず授乳してもいいという理由にはなりません。「赤ちゃんがいるから当たり前」という気持ちは、周りの人の気持ちを蔑ろにしてしまう可能性があります。

外出先での授乳はとてもデリケートな問題です。そして人の考え方は千差万別です。ママや赤ちゃんと周囲の人、お互いが納得できる方法を見つけようとする気持ちが大切です。

外での授乳で気を付けること3つ

  • 授乳室があれば授乳室に行く
  • なるべく人目を避けるよう工夫をする
  • 肌の色が外から見えない工夫をする

まとめ

「自分は良くても不快に思う人がいる」という可能性を考え、周りの人に配慮するのがマナーです。今は様々な便利グッズもありますので、外出先での授乳ができる限り楽になる方法を見つけたいですね。

母乳育児だからと戸惑う必要はありません。赤ちゃんとの外出をぜひ楽しんで下さい。

 - 育児, 赤ちゃん