ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

歯の生え始める時期っていつ?どんな順番で生えるの?ケアの仕方は?

      2016/12/28

歯の生え始める時期や、その時期の歯のケアについて知りたい人

同じくらいの月齢の赤ちゃんに歯が生え始めたと聞くと、うちの子はまだ生えていないけれど大丈夫かな?と心配になってしまいますよね。

逆に、生まれてすぐに歯が生えているのを見つけると、こんなに早く生えるなんて何かおかしいのではないかと思う人もいるでしょう。また、実際に歯が生えてくると、今度は虫歯の心配も出てきてしまいます。

ここでは、赤ちゃんの歯が生える時期や、生え始めの歯を丈夫で綺麗に保つためのケアの仕方についてまとめました。

乳歯はいつからいつまでに生えるの?

乳歯の生え始める時期

乳歯は、一般的には生後6~8ヶ月ごろに1本目が生え始めます。しかし、乳歯の生える時期は個人差が大きく、早いと生後4ヶ月ごろ、遅いと1歳を過ぎてから生えることもあります。

中には、まれたときから歯が生えている赤ちゃんもいます。歯が生え始める時期は、身長や体重の増え方と同じように一人ひとり違いますので、他の子と比べないようにしましょう。

ただし、1歳半を過ぎても1本目が生えてこない場合は、念のために小児歯科を受診しましょう。

乳歯の生え終わる時期

乳歯は上下合わせて20本あり、すべてが生え終わるのは2~3歳と言われていますが、こちらも個人差があります。3歳になっても20本そろっていないからといって、心配することはありません。

3歳児健康診断で歯科検診がありますので、歯の生え方で気になることがある場合はそこで相談してみると良いでしょう。

生え始める兆候はある?

歯が生える前は、歯茎がムズムズしたり少々の痛みを感じたりするため、赤ちゃんの機嫌が悪くなることがあります。ブーブーと唾を飛ばしたり、大人の指を噛んだりする赤ちゃんもいます。

急にそんな様子が見られるようになったら、それはもうすぐ乳歯が生えるサインかもしれません。

乳歯が生えるサイン

  • 体調が悪いわけではないのに機嫌が悪い
  • 口をブーブーと鳴らして唾を飛ばす
  • 大人の指やベビーベッドの柵など、固いものをしきりに噛む
  • 授乳のときに乳首を噛む

特に、前歯が生えるときはこのような兆候が見られることがよくあります。これらのサインから1ヶ月~1ヶ月半ほどで歯が見えてくることが多いようです。

歯茎がむず痒く機嫌が悪い場合は、歯固めのおもちゃを与えて存分に噛ませると、すっきりして落ち着くことがあります。また、歯固めを冷蔵庫で冷やすのも効果的です。冷たい歯固めは、生え始めの歯茎のむず痒さを抑えてくれるのです。

おすすめの歯固め

1.歯固めおしゃぶりおむすびころりん

画像出典元:http://www.avis.ne.jp/~g-k-toys/toys/e020.html

安全性を高く評価されている、日本製の木の歯固めです。素材はブナで、赤ちゃんの手に馴染むサイズです。小さく優しいおもちゃなので、2ヶ月ごろから持って遊ぶことができます。

シンプルなデザインなので、飽きずに長く持つことができるのも魅力です。

2.sassy バンブル・バイツ

画像出典元:http://www.dadway-onlineshop.com/display/item/?di=772

にっこり笑ったハチが可愛いこちらは、アメリカの知育玩具メーカー、sassyの歯固めです。カミカミできる羽部分は4か所とも異なる感触なので、好奇心の旺盛な赤ちゃんも満足してくれるはずです。

水色の羽は中に水が入っていて、冷蔵庫で冷やすとひんやりした歯固めになります。

3.combi ソフトクリーム歯固め

画像出典元:http://shop.combi.co.jp/shop/g/g116716/

遊び心満載のこちらは、combiの製品。ソフトクリームを赤ちゃんが一生懸命にカミカミしている姿はとても愛らしいですよ。板チョコのバージョンもあります。歯固め部分の煮沸消毒ができるのもポイントです。

水色のベルトがついているので、お出かけする時にはベビーカーなどにつけて持っていくことができます。

乳歯はどんな順に生えるの?

画像出典元:http://www.popsugar.com/moms/photo-gallery/28327903/image/28347999/Baby-First-Teeth

乳歯の生える順序も個々によって異なりますが、下記の順で生えることが多いとされています。

まず下の前歯が2本が生え始め、次いで上の前歯が2本生えてきます。 その後、上下の前歯が4本ずつになった後、奥歯が生えてきてきます。 そして最後に一番奥にある第二乳臼歯が生えて、最終的に上の歯10本、 下の歯10本の計20本がそろったところで乳歯の歯並びは完成です。

出典元:http://kobufami-dental.com/pedodontics/mttime/index.htm

もちろん、必ずしもこの順序で生えなければいけないことはありません。上の前歯が下の前歯よりも先に出てきたり、下の前歯が4本生えそろってから上の前歯が生える子もいます。

あくまでも一般的な例ですが、歯の生える順番と時期とを照らし合わせると、次の表のようになります。

乳歯の生える順番

画像出典元:http://www.ha-channel-88.com/kiso/hano-meisyou.html

 下の前歯(A)  6~9ヶ月ごろ
 上の前歯(A)  9~11ヶ月ごろ
 上の前歯(B)  10ヶ月~1歳ごろ
 下の前歯(B)  11ヶ月~1歳2ヶ月ごろ
 上の奥歯(D)  1歳1ヶ月~1歳半ごろ
 下の奥歯(D)  1歳3ヶ月~1歳7ヶ月ごろ
 上の犬歯(C)  1歳4ヶ月~1歳8か月ごろ
 下の犬歯(C)  1歳5ヶ月~1歳9か月ごろ
 下の奥歯(E)  2歳~2歳半ごろ
 上の奥歯(E)  2歳3ヶ月~3歳ごろ

乳歯が斜めに生えてきた!?

画像出典元:http://picphotos.net/http-www-baby-pictures-org-w-p-content-upl-oads-2010-01-fat-baby/

歯並びは遺伝する?

乳歯が斜めに生えてくると、このまま歯並びが悪くなるのではないかと心配になってしまいますよね。特に、ママやパパが歯並びで苦労した経験があると、赤ちゃんにも遺伝するのではと不安になる人も多いのではないでしょうか。

親から子どもへ遺伝するのは、歯並びそのものではなく顎の骨の大きさや歯の大きさなど、歯並びを形成する要素です。そのため、顎の大きさや形などが似れば、子どもも親と同じような歯並びになることは考えられます。

しかし、歯並びには食生活や物の食べ方、姿勢なども大きな影響を与えます。遺伝だけで歯並びが決まるわけではありませんので、生え始めの時期から不安を抱えることはありません。

親御さんがともに綺麗な歯並びをしていても、普段の食生活や体の姿勢、舌や唇にまつわる癖、虫歯が多いなどの要因で、歯並びが悪くなってしまうことも十分にあり得ます。逆に言うと、例え親御さんの歯並びが悪くても、悪くなる要因を一つ一つ取り除き、健やかな歯並びの成長発育をしやすい環境を整えてあげれば、綺麗な歯並びになる可能性は十分にあります。

出典元:http://www.e-hanarabi.net/column/column000038/

斜めに生えてきたら

そもそも、乳歯が斜めに生えることはあまり珍しいことではありません。原因としては、赤ちゃんの歯茎がまだ未発達で柔らかいことや、歯の本数が少なくて口の中に余裕がたっぷりあることが挙げられます。

歯が生えそろっていく過程でまっすぐになることがほとんどですので、生え始めが斜めでもあまり気にせず見守ってあげてください。歯が斜めに生えてくる原因は、大きくは次の3つです。

斜めに生える原因

  • 歯茎が柔らかい
  • 歯の本数が少なく、隙間が多い
  • おしゃぶりを使っている

ただし、おしゃぶりを使っている場合は注意が必要です。生え始めの歯におしゃぶりが引っかかって、歯の傾きが助長されてしまう可能性があるからです。

おしゃぶりがないとうまく眠れないなど、赤ちゃんの安心できる道具になっていることもあるでしょう。すぐにやめることは難しいかもしれませんが、奥歯が生え始める2歳ごろまでにはおしゃぶりを卒業できるようにしましょう。

指しゃぶりが好きな場合も、やめさせた方がいいのかと心配になることがあるでしょう。しかし結論から言えば、赤ちゃん時期の指しゃぶりはあまり気にしなくても大丈夫。3歳ごろまでの指しゃぶりは、生まれながらに持っている「吸う」欲求が残っているだけだからです。

指しゃぶりによってあごの骨格に影響が出てくるのは、5歳を過ぎてからですので、それまでにやめれば問題ありません。

歯のケアをしよう

歯磨きはいつからするの?

歯が1本でも生えたら、歯を磨く習慣をつけていきます。といっても、いきなり歯ブラシで磨くわけではありません。赤ちゃんは口の周りや口内を触られるのを嫌がることが多いものです。

特に、上唇の裏にある上唇小帯と呼ばれるスジは、触られると痛いので泣いたり暴れたりすることもあります。そこで、まずは顔のあちこちを触る遊びを取り入れるなどして、口を触られることに慣れさせていきましょう。

ママの足の上に仰向けに寝かせ、口の中を観察するのもいいですよ。1日に5分ほどでも、毎日続けていくことで、赤ちゃんは口内を触られることに抵抗がなくなっていきます。

赤ちゃんが嫌がらなくなって来たら、少なくとも毎日1回の歯磨き習慣づけましょう。

生え始めの時期の歯磨き

前歯が上下合わせて4本生えるころまでは、歯ブラシではなくガーゼで汚れをふき取る程度で十分です。綿棒や歯磨き用の指サックなども使えます。お風呂に入っているときや寝る前など、時間を決めて歯磨きをしましょう。

歯の本数が増えてきたら、歯ブラシを使用します。乳児用の、小さく柔らかい歯ブラシで磨きましょう。

毛のついた頭の部分が小さめの歯ブラシ(毛の部分が2本分の歯の幅程度)で、しかも毛先が丸く加工してあるほうが磨きやすく、歯ぐきにもやさしいのです。ただ歯みがき習慣ができるまでの時期は楽しい歯みがきを目的にお気に入りの色やキャラクターで選んでもよいと思います。仕上げみがき用に柄が長めで保護者が持ちやすい歯ブラシも用意しましょう。

出典元:http://www.jspd.or.jp/contents/main/faq/faq02.html#faq_b0101

1本の歯にかける時間は5秒でOK。唾液にも口の中を清潔に保つ効果がありますので、歯磨きにあまり長い時間をかけなくても大丈夫なのです。また、赤ちゃんはうがいができないので、歯磨き後にはコップで水か白湯を飲ませましょう。

歯磨きの方法

  • 大人の足の上に、赤ちゃんを仰向けに寝かせる
  • 赤ちゃんの口に手を添えるか、指を入れて口を開けさせる
  • 慣れるまではガーゼや綿棒で、慣れてきたら歯ブラシを使う
  • 歯1本につき5秒の短時間で行う
  • 歯磨きが終わったら、スプーンやコップで水を飲ませる

定期的なフッ素塗布を

乳歯は永久歯に比べて小さく、象牙質やエナメル質も弱いため柔らかいのが特徴です。そのため、虫歯にもなりやすくなっています。虫歯を作らないためには歯磨きももちろん重要ですが、フッ素を塗ることで歯を丈夫に保つことができます。

下の前歯が2本生えたら、歯医者さんでフッ素塗布をお願いしてみましょう。歯医者さんによっては、1歳未満の赤ちゃんにはフッ素塗布を行っていないこともありますので確認が必要です。

また、自治体の定期健診などでフッ素を塗ってくれることもあります。フッ素は、3ヶ月~半年に1度を目安に、定期的に塗ると効果が高まります。

生え始めの時期から使える歯ブラシ3タイプ

1.ブラシタイプの歯ブラシ

まず歯ブラシは、いくつかのメーカーから月齢に合わせてステップアップできるものがセット売りされています。中でもピジョンの乳歯ブラシセットは、歯ブラシを喉の奥にいれすぎないためのストッパーがどの歯ブラシにも取り付けられるので、安心して子どもに持たせることができます。

アマゾンバナー

楽天バナー

2.ガーゼタイプの歯ブラシ

まだ歯が生え始めたばかりで、いわゆる「歯ブラシ」に慣れるまでは、ママの指に巻いて磨くことのできる、ガーゼタイプもおすすめです。この歯磨きシートは、キシリトールや緑茶ポリフェノールが入っていて、コットン100%なので、赤ちゃんにも安心して使えます。

うがいができない赤ちゃんは歯磨きの後に水を飲ませると良いですが、このタイプならそれも必要ありません。だから歯磨きする前に赤ちゃんが眠ってしまっても大丈夫。

アマゾンバナー

楽天バナー

3.指サックタイプの歯ブラシ

指サックタイプの歯ブラシなら、ママの指の感覚そのままで磨けるので、歯磨きに不慣れな赤ちゃんでも安心です。シリコン製で柔らかく、歯だけでなく歯茎も優しく磨けます。

サイズ違いで2つ入っているので、ぜひパパも赤ちゃんの歯磨きに挑戦してみましょう

アマゾンバナー

楽天バナー

生え始めの時期から使える歯ブラシの3つのタイプを紹介しました。ぜひママが使いやすい歯ブラシを見つけてくださいね。

まとめ

赤ちゃんの歯の健康を守ることができるのは、周りにいるママ・パパです。乳歯の特徴をしっかりと知ったうえで、適切なケアをしてあげましょう。赤ちゃんが小さいうちから歯磨きの習慣をつけることができると、大きくなってからも虫歯知らずでいられます。

赤ちゃんの歯が生える時期や順番は個人差が大きいですが、もし気になることがあればすぐに相談できるよう、かかりつけの小児歯科も探しておくと安心ですよ。

 - 育児, 赤ちゃん