ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

赤ちゃんの後頭部はげトラブル その原因と対策とは?

      2016/12/16

待ちに待った赤ちゃんとの新生活。しかし、実際に一緒に暮し始めるとトラブルって少なからず出てきます。

え…、赤ちゃんなのに禿げてる!?なんてことも…。せっかくかわいいのにこれでは外出もちょっと憚れる…なんてことは嫌ですよね。

今回は赤ちゃんの後頭部トラブルについて、どんな症状があるのか、そしてその対策についてお伝えしようと思います。

赤ちゃんの後頭部のはげ、3つの原因

(画像出典:https://192abc.com/43642)

赤ちゃんの後頭部が禿げてしまうのにはいくつか原因があります。

その原因を見てみましょう。

赤ちゃんの後頭部禿げ、主な3つの症状

  1. 新生児生理的脱毛
  2. 乳児期後頭部脱毛
  3. 湿疹による脱毛

の上記3つです。名前を見ると新生児や乳児期といった限られた期間だけなのか?と思うかもしれませんが、もう少し掘り下げて見ていきましょう。

1.新生児生理的脱毛

新生児生理的脱毛とは、赤ちゃんの毛髪が生え変わることをいいます。

生え変わるって何?と思うかもしれませんが、生まれたばかりの赤ちゃんの毛髪はお母さんのお腹にいたときに生え、赤ちゃんを守っていたものです。そして今度は外の世界に出るとそれが一旦抜け落ちて新しいものへと生え変わるのです。

ここで抜け落ちる毛が、少しずつではなく大量に抜け落ちることがあるため、

えっ?赤ちゃん禿げっちゃったの?と勘違いしてしまうのです。

しかし、名前の通り生理的に抜け落ちてしまうため、一旦は禿げてしまったように思うかもしれませんがまた生えてくるものなので心配はありません。しかし、新生児と名前がついていても生後1~生後6か月くらいまでこの症状が続く場合もあります。

2.乳児期後頭部脱毛

ベットや布団で寝ている時間が長い赤ちゃんですが、それに加え頭を左右に振ったりしているのを見かけませんか?

これにより後頭部が禿げてくることがあります。これを乳児期後頭部脱毛といいます。

大人も毎日同じ体勢や向きで寝ていると下になっているところだけ髪が薄いような…ということに。

これは赤ちゃんにも言えることです。つまり、摩擦によって起こる抜け毛です。

ただし、こちらも生後1~生後6か月の赤ちゃんにはよく見られる光景で、たとえ摩擦により抜け落ちたとしても新しく丈夫な毛が生えてくるので心配はありません。

3.湿疹による脱毛

(出典元:http://xn--t8j4aa4nkkwfqbxh4b6c1eb.com/?p=445

湿疹による脱毛ってまさか病気?!と思う人もいるかもしれません。しかし、赤ちゃんは皮脂の分泌と新陳代謝が活発なので乳児湿疹が起こりやすいのです。

そしてその乳児湿疹のなかでも多いのが脂漏性湿疹です。

乳児湿疹(しっしん)は生後2週間から1才ごろまでにできる湿疹の総称。この時期の赤ちゃんの皮膚は薄くて敏感なため、食べこぼし、よだれ、汗などがつくことで口のまわり、あご、頭、顔、おでこを中心に赤いぶつぶつが出ます。乾燥してカサカサしたり、ジュクジュクしたり、出血したりと症状はさまざまで、かゆみはあるものもないものもあります。
乳児脂漏(しろう)性湿疹は乳児湿疹の代表的なもので、生後2週間ごろから頭、まゆ毛、額にベタベタした白っぽいふけのようなものがつきます。皮脂腺の発達している髪の生え際や顔は症状がひどくなりがちで、炎症を起こして赤くじくじくすることも。

引用元:http://tamahiyo.jp/yougo/byouki/p40030.html

上記引用のように頭部にできた脂漏性湿疹が乾燥し、それが毛と一緒に剥がれ落ちるために毛が抜けてしまいます。

 

脂漏性湿疹の赤ちゃんは、お風呂に入る前準備としてベビーオイルを塗ってから入るとシャンプーできれいにかさぶた(ふけのようなモノ)がはがれやすくなります。また、お風呂から上がったらベビーローションで保湿をしましょう。大人の保湿クリームですと刺激が強すぎるため、必ず赤ちゃんにも使用できる保湿クリーム・ローションを使いましょう。

対策はあるの?

(画像出典:http://b-solve.com/baby-back-of-the-head-bald)

赤ちゃんの後頭部が禿げてしまうのはよくあること、心配ないのは分かったけどやっぱり禿げてるなんてかわいそうですよね。

予防できるのであればしてあげたい。

少しでも対策はあるのかみてみましょう。

首も座っていない赤ちゃん…。?どうすればいい?

  1. 円型枕を使う。
  2. 時々寝ている頭の位置を変えてあげる。
  3. ママが座っているときはなるべくママの体にもたれかかるように抱いてあげる。

主にできるのはこの3つだと思います。

1.円型枕を使う。

よくドーナツ型とも言いますね。大体使用ができるのは2~3か月からという商品が多いようです。

しかし、実際に効果があるのかというと賛否両論。そもそも、円型枕は向き癖防止や絶壁防止を目的に作られているのと、よく頭を左右に動かしてしまう赤ちゃんにはあまり効果を発揮しません。

ですが脱毛対策以外にも使い道はありますのでお家に一つあってもいいかもしれません。

  • おすすめドーナツ型枕

ESMERALDA(エスメラルダ) ドーナツ枕 ナチュラルレインボー 日本製 ひとつひとつ手作り 赤ちゃん 頭の形が良くなる【まる型】

Amazon価格2,300円

アマゾンバナー

西川リビング ドリームリング まくら ミッフィー 柄 19×22cm ピンク

 Amazon価格1,272円

アマゾンバナー

2.時々寝ている頭の位置を変えてあげる。

これは上記の円型枕と多少かぶってしまいますが、同じ向きで寝ていると赤ちゃんの頭は柔らかいため形が変形してしまうこともあります。

また、摩擦の力も少なからず影響してくるため、下になっている頭皮の部分だけ薄い…なんてことにもなります。

なので、お昼寝から目覚めたときや、ずっと同じ頭の向きだなと感じたときに赤ちゃんの頭の向きを変えてあげましょう。

3.ママが座っている時はなるべくママの体にもたれかかるように抱いてあげる。

(出典元:http://www.mamaterrace.com/babycare/care_04.html

赤ちゃんを抱くときの姿勢っていつも気にかけていますか?

これもいつもと同じ姿勢や手の置き場所だとその部分に負担が掛かります。

なのでなるべく頭部に負担が掛からないようにママの体にもたれかかるように抱いてあげましょう。赤ちゃんはママにくっついていると安心します。

ママと赤ちゃんのスキンシップにもなります。

抜け毛以外の後頭部トラブルも!

赤ちゃんの後頭部トラブルはなにも抜け毛だけではありません。

初めての育児だと、まさかこんなことに!と驚いてしまう事がありますが、どれも生後6か月頃を過ぎる頃には改善の方向へ向かいますので心配ありません。

では、どんなトラブルがあるのかみていきましょう。

赤ちゃんの後頭部に気を配ろう 注意すべき3つのトラブル

  1. 赤ちゃんが自分で髪を抜いてしまう
  2. 後頭部付近のみに毛玉ができてしまう
  3. 後頭部が平べったかったり、くぼんでしまっている

1.赤ちゃんが自分で髪を抜いてしまう

(出典元:http://akachancare.com/shigusatougoki/kamiwohipparu/

赤ちゃんが自分で毛を抜いてしまう。引っ張ってしまうのは単に興味を示しているか頭がむずむずするといった理由からです。

よくストレスを与えてしまっているのでは?と心配になるお母さんもいますが、生後1歳程の赤ちゃんで強いストレスを感じるということはほぼありませんので、単に周りに興味を示し始めたんだな、と嬉しく思いましょう。

しかし、あまりにも頻繁だと気になりますよね。その場合はミトンなどを手に装着してあげるのが良いのですが、あまりミトンを使用していると、今度はミトンを摂った時に泣き始めてしまったり、口に含んでミトンがよだれまみれになる場合もあるので、なるべくお母さんが気づいたときに、他のものへと興味を引くようにした方がのちのことを考えると良いでしょう。

2.後頭部付近のみに毛玉ができてしまう

(出典元:http://papa-kosodate.com/nayami/kedama/

これは寝返りを打ち始めた頃や頭を左右に動かすことが出来るようになってくるとこのトラブルが発生します。

布団と後頭部の摩擦による現象ですので、もしできてしまった場合はベビーシャンプーやベビーリンスで優しく洗ってあげましょう。もしそれで取れない場合は、思い切って切ることをおすすめします。そのままにしておくと、またその箇所に毛玉が連なったり、他の毛を巻き込む恐れがあるためです。

対策としては、日頃からベビーシャンプー・リンスを使い髪をサラサラにしてあげたり、お昼寝が続いて起きた時にブラシで梳かしてあげると良いでしょう。

  • おすすめベビーシャンプー・リンス

ピジョン 泡シャンプー ボトル 350ml (0ヵ月~)

Amazon価格628円

アマゾンバナー

ピジョン コンディショニング 泡シャンプー ふんわりシャボンの香り 350ml

Amazon価格498円

アマゾンバナー

3.後頭部が平べったかったり、くぼんでしまっている

(出典元:https://akachanikuji.com/hekomi

これは出産後すぐにみられる場合と自宅での育児で気づく場合があります。

出産後すぐみられるという場合は、ご存知かもしれませんが産道を通る際に変形してしまったから。これは大体がすぐ元通りになるため心配ないと言われていますね。

自宅での育児で気づいた場合は、主に同じ向きで寝るのが習慣になっているためといえます。赤ちゃんの後頭部はとても柔らかいため、ずっと同じ向きで寝ていたらそこだけ平べったく・くぼんでしまっていた…ということになりますので、お昼寝が終わったときや、テレビの方やある一定方向ばかり見ていると気づいた時には向きを変えるように意識しましょう。

また、赤ちゃんの頭を触るときは扱いにも注意しましょう。先ほど述べたように赤ちゃんの頭はとても柔らかいため、乱暴に扱ってしまうと大変危険です。まだ小さいので優しく抱き起して方向を変えてあげましょう。

抜け毛や後頭部トラブルは首が座れば解決していく

(出典元:https://jp.pinterest.com/pin/356558495481269815/

結論から言ってしまえば、新生児期の後頭部の抜け毛やトラブルはよくあること、云わば仕方のないことと割り切りあまり気にしないことが第一です。

新生児期で髪が抜けてしまうのは生理現象ですし、新しく丈夫な髪を生やすためでもあります。後頭部の形がへこんでしまったりするのはずっと同じ方向で寝てしまっているから。

これらは赤ちゃんの首が座るようになればおのずと解決してきます。首を持ち上げる力がつけばそれだけ後頭部を布団につけたままの状態が少なくなるからです。

それでも気になる場合は、日頃から赤ちゃんの後頭部を気にかけ、お昼寝後は後頭部を撫でてあげるなどちょっとしたケアが対策にもなりますので続けていくようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

新生児から生後半年まではどんな赤ちゃんにも起こりうる後頭部のハゲ。しかし原因がきちんと分かれば慌てる必要なんてありませんでしたよね。

赤ちゃんとの生活はまだまだ始まったばかりです。

今だけの薄毛期間。かわいい記念としてもいい思い出になりそうですね。

 - 赤ちゃん