ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

8ヶ月の赤ちゃんの発達に合った遊び方やおもちゃ、遊び場所、注意点に詳しくなろう

   

生まれたころと比べて、8ヶ月の赤ちゃんはできることがたくさん増えました。いろいろなことができるようになった赤ちゃんと、どのように遊べば良いのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

8ヶ月の赤ちゃんがどんなことができるのか知っておけば、赤ちゃんの発達に合わせた遊びができますよ。さらに、赤ちゃんとの遊びやおもちゃはどんなものが良いのか、遊びに出かけるならどこが良いのか知っておけば、遊びの幅が広がります。

そこで、この記事は8ヶ月の赤ちゃんができることや、おすすめの遊び・おもちゃ・お出かけ場所、遊ぶ時の注意点を紹介します。

8ヶ月の赤ちゃんができることって?

aa7aa86d5abc1f3f7199d13edcb38d1c_s赤ちゃんの発達の度合いは人それぞれですので、全ての赤ちゃんに当てはまるわけではありませんが、以下のことができるようになる赤ちゃんが多いです。

安定したおすわりができるように

安定しておすわりできる時間が増えます。安定したおすわりができることで、両手を使った遊びができるようになります。

ハイハイを始める子も

赤ちゃんによっては、ハイハイを始めます。ハイハイの仕方は様々で、後ろに進んだり、お腹を中心にぐるぐる回るだけだったり、中にはおすわりをした状態でお尻を動かして進む赤ちゃんもいますよ。

ハイハイに慣れてくると、動きがより活発になります。他にも、8ヶ月ごろになると個人差が大きくなり、ハイハイをせずにつかまり立ちをしようとする子が出てきます。

指先が使えるように

指先を使って、上手に物をつかむことができるようになります。つかむだけでなく、握ったり、押したり、引いたりも器用にできるようになります。

指先を起用に使えるようになると、遊びの幅が広がります。

記憶力がつくように

8ヶ月ごろになると、記憶したり予測したりすることができるようになります。記憶力がつくと、赤ちゃんはまねっこ遊びいないいないばあを楽しめるようになります。

8ヶ月の赤ちゃんはできることがたくさんあり、いろいろな遊びができそうですね。では、次に赤ちゃんの発達段階に合った遊び方も確認しましょう。

8ヶ月の赤ちゃんに合った4つの遊び方

115d1d12b3234462c4b235d6f85c47b3_s8ヶ月の赤ちゃんができる遊びはたくさんあります。その中から、「これだけはしてあげたい!」という遊びを4つ紹介します。

1.いないいないばあ

赤ちゃんとの遊びで最もポピュラーなのが、いないいないばあではないでしょうか。いないいないばあで遊ぶと、赤ちゃんは一時的に記憶しようとしたり、予測しようとしたりするので、脳に良い刺激を与えられます

ところで、いろいろなバージョンいないいないばあで遊んでいますか?手で顔を隠す以外に、例えば以下の方法でいないいないばあをすることができますよ。

いないいないばあのいろいろな遊び方

  • ハンカチやタオルでママ(赤ちゃん)の顔を隠してから、ハンカチ(タオル)を取る。
  • ママの顔にハンカチ(タオル)をかけ、赤ちゃんがそのハンカチ(タオル)を取った時に「ばあ」と言う。
  • 赤ちゃんがタオルなどで自分の顔を隠した時に「いないいない」と言い、顔を見せたら「ばあ」と言う。
  • 鏡の前で「いないいないばあ」をしてみる。
  • 赤ちゃんの好きなおもちゃをハンカチなどで「いないいない」と言って隠し、赤ちゃんにハンカチを取らせて「ばあ」と言う。

赤ちゃんにハンカチ(タオル)を取らせれば、脳の発達だけでなく手の発達にもつながります。また、おもちゃを隠すいないいないばあは、かくれんぼ遊びにつながるのでおすすめです。

もし試したことのない方法があれば、ぜひ試してみてくださいね。

2.まねっこ遊び

8~9ヶ月に入ると、赤ちゃんはまねっこ遊びができるようになります。まねっこ遊びとは、ママと同じ動きを赤ちゃんにもさせる遊びのことです。

最初は見ているだけかもしれませんが、何回も繰り返すことでまねをするようになりますよ。まねっこ遊びは以下の方法があります。

指さしまねっこ

  1. 赤ちゃんと向き合って座る。
  2. 「右手」と言いながら、自分の右手を指さす。
  3. 「顔」と言いながら、自分の顔を指さす。
  4. 「左足」と言いながら、自分の左足を指さす。
  5. 「右足」と言いながら、自分の右足を指さす。

指す場所や順番は、自由に変えて構いません。動作を伴った言葉を伝えることで、赤ちゃんは次第に言葉を理解するようになります。

また、指さしの方法以外にタッチする方法もありますよ。赤ちゃんのやりやすい方法で遊んでくださいね。

動物まねっこ

  1. 赤ちゃんと向き合って座る。
  2. 「動物まねっこピョンピョンうさぎ」と言いながら、両手を上に挙げてウサギのまねをする。
  3. 2を繰り返す。

慣れてきたら、ゾウやネコなど他の動物のまねっこ遊びをしても楽しいですよ。また、ママが動物になりきって動物の鳴き声もまねしてあげると、赤ちゃんは喜びます。

3.飛行機ごっこ

飛行機ごっこも赤ちゃんは大好きです。飛行機ごっこは以下の方法ですることができます。

飛行機ごっこの遊び方

  1. 赤ちゃんの前に座り、膝を立てる。
  2. 赤ちゃんの両脇をしっかり支えて、すねの上に乗せながら倒れる。
  3. 赤ちゃんを支えたまま、足を上下左右にゆっくり動かす。

力がいるので、パパと飛行機ごっこをしてもらうと良いですね。飛行機ごっこをすると、赤ちゃんの背筋が伸びるので、体幹が鍛えられますよ

4.ハイハイ

ハイハイができる赤ちゃんには、以下の方法で遊ぶことができますよ。

鬼ごっこ

  • ハイハイしている赤ちゃんを、ママもハイハイで追いかける。
  • 赤ちゃんに「おいで」と合図をして、近寄ってきたらママもハイハイで一緒に進む。

赤ちゃんを追いかけた時に「つかまえた」と言って、優しくハグをしてあげると、スキンシップが図れますよ。

障害物レース

  1. 床に布団やクッションなどを置く。
  2. 赤ちゃんの好きなおもちゃを布団やクッションの上に置き、赤ちゃんがハイハイで登るよう誘導する。

段差を作ることで、腕や膝下の筋肉を使ったり、足の親指を使って床を蹴ったりすることを覚えますよ。

8ヶ月の赤ちゃんはおもちゃを使って遊ぶのも大好きです。次は、どんなおもちゃを使って遊べば良いか、お伝えしますね。

8ヶ月の赤ちゃんに使える3つのおすすめおもちゃ

4e946d13d5de4b389dbe8938e91b1749_s8ヶ月の赤ちゃんにおすすめのおもちゃは、以下のような特徴があります。

8ヶ月の赤ちゃんにおすすめのおもちゃの特徴

  • 音が鳴る
  • 手でつかめる
  • いろいろな遊び方ができる

以上の特徴をもち、またおすすめのおもちゃとして紹介されることが多いおもちゃをピックアップしました。

1.オーボール

オーボールとは、網目状になったボールを指します。網目状のおかげで、赤ちゃんはボールをつかみやすくなります

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%83%e3%82%af

商品名:オーボールベーシック 参考価格:864円 直径:10cm 材質:ポリウレタン100%

アマゾンバナー

楽天バナー

オーボールにはいろいろな種類があり、中でもオーボールラトルと言われる振ると音が鳴るオーボールが人気です。

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%a9%e3%83%88%e3%83%ab

商品名:オーボール ラトル オレンジ 参考価格:1,296円 直径:10cm 材質:ポリウレタン、アクリル、ABS

アマゾンバナー

楽天バナー

オーボールは以下の遊び方ができます。

オーボールを使った遊び方例

  • 転がしてハイハイで追いかける。
  • 片手でつかんで、もう一方の手に持ち替える。
  • オーボールの中に、ビニールを縛ったひもやお手玉などを入れ、振って音を楽しむ。
  • オーボールの中にハンカチやスポンジを入れ、引っ張り出す。 など

このように、オーボールはボールとしてだけでなく、ガラガラおもちゃボックスとして遊ぶこともできますよ。

2.積み木

積み木もいろいろな遊び方ができるおもちゃです。8ヶ月の赤ちゃんは、以下の遊び方ができます。

積み木の遊び方例

  • 積み木と積み木を持たせ、タンバリンのようにカチカチと音を鳴らす。
  • 積み木を横に並べる。
  • 積み木を上に積み重ねる。
  • 積み木の形を何かに見立てて遊ぶ。 など

積み木を使ってお城を作るといった遊びは、2歳ごろからできるようになります。また、最初は上手に積み上げられませんから、ママも一緒に遊んであげましょう。

音の鳴る積み木もおすすめです。

%e3%81%8f%e3%81%be%e3%81%ae%e3%81%8c%e3%81%a3%e3%81%93%e3%81%86-%e3%81%a0%e3%81%84%e3%81%99%e3%81%8d%e3%81%8a%e3%81%a8%e3%81%a4%e3%81%bf%e3%81%8d商品名:くまのがっこう だいすきおとつみき 参考価格:3,780円

アマゾンバナー

楽天バナー

音の鳴る積み木なら、積み木を振ってマラカスのように遊ぶこともできますね。

3.絵本

絵本の読み聞かせも、8ヶ月の赤ちゃんにとって楽しい遊びです。ボールや積み木のように、音が鳴ったりいろんな遊び方をしたりできませんが、赤ちゃんは絵やママが読む声からいろんな刺激を得ます

8ヶ月の赤ちゃんには、どのような本を読んであげれば良いのでしょうか。以下にまとめました。

8ヶ月の赤ちゃんに読み聞かせたい絵本の特徴

  • 色使いがはっきりしている。
  • ページ全体に絵が描かれている。
  • 擬音語が使われている。
  • 同じ言葉を繰り返している。

はっきりとした色や大きな絵だと、赤ちゃんは認識しやすくなります。また、「ブーブー」や「ジャージャー」などの擬音語繰り返しの言葉を聞くと、赤ちゃんは喜んだり、まねをしたりしますよ。

自治体によっては、0歳児向けの絵本を紹介してくれます。また、図書館で借りてみて、赤ちゃんが喜んだ絵本を買っても良いですね。

外の世界も刺激がいっぱいですから、8ヶ月になったら積極的にお出かけしましょう。次は、8ヶ月の赤ちゃんにおすすめのお出かけ場所を紹介します。

8ヶ月の赤ちゃんと出かけるおすすめの場所4つ

dd439b073790153ee98bb59d4efb9218_s8ヶ月の赤ちゃんとお出かけするなら、以下のような場所がおすすめです。

8ヶ月の赤ちゃんとのお出かけ選びのポイント

  • 長時間の移動にならない。
  • 赤ちゃんの刺激になる。
  • ママのストレス発散になる。

長時間の移動は赤ちゃんの負担になりますから、車で移動する場合は長くても1時間半以内に着く場所を選んでくださいね。また、赤ちゃんの刺激になるだけでなくママのストレス発散にもなる場所だったら、赤ちゃんもママも楽しめますね。

これから紹介する場所は比較的近場にあり、赤ちゃんの刺激やママのストレス発散になるおすすめのお出かけ場所です。

1.児童館や子育て支援センター

児童館や子育て支援センターは区内町内にありますから、出かけやすい場所だと言えます。自治体によっては、小さい子ども向けのイベントを開いている場合があります。

また、いろいろな月齢の赤ちゃんに会いやすく、赤ちゃんにとって刺激になります。もし気の合うママ友が見つかれば、おしゃべりができてママのストレス発散になりますよ。

2.近所の公園

近所に公園があれば、出かけてみてはいかがでしょうか。赤ちゃんが遊べる遊具はあまりありませんが、散歩するだけでも赤ちゃんの刺激になりますよ。

例えば、外の景色は赤ちゃんにとって良い刺激です。また、赤ちゃんを連れて散歩していると、声をかけてくださる方がいます。

人見知りをして泣くかもしれませんが、家族以外の人との交流も赤ちゃんには良い刺激になりますよ。さらに、自然に触れることで、赤ちゃんやママの気分転換にもなります。

3.図書館

図書館も市町村や区ごとにありますから、比較的出かけやすい場所です。図書館によっては、児童スペース絵本の読み聞かせのイベントを開いている所がありますよ。

読み聞かせの参考に、読み聞かせのイベントに参加してはいかがでしょうか。また、いろいろな絵本を借りて、自分の子どもが好きな絵本は何か確認するのも良いですね。

4.ショッピングモール

近くにショッピングモールがあれば、ショッピングモールに出かけてみても良いですね。たくさんの商品がある光景は家では見慣れないものですので、赤ちゃんにとって刺激になります。

また、お買い物やウィンドウショッピングは、ママの気分転換やストレス発散にもなりますよ。他にも、ショッピングモールによっては赤ちゃんが遊べる広場もあります。

ショッピングモールの広場の場合は、児童館と違って同じ人と何度も一緒になるといったことがあまりありませんから、ママ友作りはあまりしたくないという方も気軽に利用できますよ。

ここまで、8ヶ月の赤ちゃんとの遊び方、おもちゃ、お出かけ場所について確認しました。最後に、遊ぶ時の注意点を確認しましょう。

8ヶ月の赤ちゃんと遊ぶ時の4つの注意点

3ae40f53dd72a4e388fe55ad5f12ed43_s8ヶ月の赤ちゃんは活発になり、元気に動き回ります。したがって、遊ぶ時は4つのことに気を付ける必要があります。

1.安全の確保

8ヶ月の赤ちゃんは、以下の危険性が増えます。

8ヶ月の赤ちゃんが遊ぶ時に起こる危険

  • 転倒
  • 落下
  • 誤飲
  • ケガ

8ヶ月の赤ちゃんはだんだん安定したおすわりができるようになりますが、急な転倒ケガをすることがあります。また、ハイハイができる赤ちゃんは段差のある所に落下したり、床に落ちているものを誤飲したりします。

したがって、以下の対策を取りましょう。

安全確保の為にできること

  • 危ない場所に行かないようにベビーガードを付ける。
  • 机やいす、棚などの角にタオル保護テープを貼っておく。
  • 直径4cm未満の物を床に置かない。
  • 電気コードテーブルクロスなど赤ちゃんが引っ張りそうな物は隠すか、赤ちゃんの手の届かない所に置く

一度、赤ちゃんの目線で部屋を確認すれば、危険な箇所を見つけやすくなりますよ。

2.赤ちゃんから目を離さない

安全の確保をしていても、予測しないことが起きる可能性があります。したがって、赤ちゃんが一人で遊んでいても目を離さないでくださいね。

3.揺さぶられっ子症候群

飛行機ごっこなど大きな動きをする遊びの場合、短時間で激しく揺さぶる動きになる場合があります。赤ちゃんを激しく揺さぶると、脳が損傷を受けて揺さぶられっ子症候群になるかもしれません。

揺さぶられっ子症候群になると、重大な障害を負ってしまったり、場合によっては命を落としたりします。赤ちゃんの中にはアクロバティックな遊びを喜ぶ子もいますが、激しい動きは避けましょう。

4.遊ぶタイミング

8ヶ月の赤ちゃんは、体をよく動かす遊びができるようになるので、以下の時間帯は注意が必要です。

体をよく動かす遊びが向かない時間帯

  • おっぱいやミルク、離乳食の後
  • 寝る前

おっぱいやミルク、離乳食の後に体を動かし過ぎると、吐いてしまう場合があります。また、寝る前に激しい動きの遊びをすると、興奮して眠りにくくなります

したがって、ごはんの後や寝る前は、マッサージなどのスキンシップを図る遊びや絵本の読み聞かせなど落ち着いた遊びをしましょう

まとめ

8ヶ月の赤ちゃんはおすわりやハイハイができ、指先も器用に使えたり一時的に記憶できたりするようになります。したがって、いないいないばあや飛行機ごっこなどの遊びをして楽しめますよ。

おもちゃは、音が鳴ったりいろんな遊び方ができるオーボールや積み木などがおすすめです。また、外に出かけることも赤ちゃんにとって良い刺激になります。

近場で赤ちゃんもママも楽しめる場所はありますので、ぜひ出かけてみてください。他にも、赤ちゃんと遊ぶ時は安全の確保をし、激しく揺さぶることのないよう注意してくださいね。

 - 病気, 赤ちゃん