ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

なにが嬉しい?出産後ママが貰って嬉しいプレゼント・ご褒美ベスト5!

   

出産は、女性の人生で一番といっていいほど大変な仕事。そんな出産を無事に終えたママに、労いのプレゼントをしてあげましょう。

産後のママは、出産の疲れと慣れない育児でイライラがたまりやすい時。的外れなプレゼントは、もしかしたらママの機嫌を損ねてしまうかもしれません。

産後のママに喜ばれやすいプレゼントについて予習しておきましょう!

プレゼント・ご褒美を送る時期は?

出産後1週間は、ママは産院に入院しているので退院後~産後1ヶ月あたりが無難です。仲の良い友達で、産後の入院中、産院に顔を見に行く場合であればその時に持って行っても。

ただし、出産入院中は荷物が多く、退院時は赤ちゃんもいるので大きなプレゼントは避けましょう。

産後1ヶ月までにプレゼントを贈るのが難しい、という場合は何かの節目に贈ってみても。例えば、次のようなタイミングがあります。

産後ママにプレゼントを贈るタイミング

  • 初節句
  • ハーフバースデー
  • 1歳のお誕生日

注意したいのは、赤ちゃんにとっての行事の時にプレゼントを贈ると、赤ちゃんへのプレゼントと誤解されがちなこと。

あくまで「ママを労う」という気持ちを伝えるために「ここまでよく頑張って育てたね」というメッセージを添えましょう。

産後ママにとっては、「頑張ったね」と認められることが何より嬉しいものなんです。

パパから貰って嬉しかったプレゼント・ご褒美ベスト5!

では実際に、産後ママが貰ってうれしかったプレゼントについて紹介していきます。

第5位:ママワンピース

ママになると、これまで着ていた洋服の多くが着られなくなってしまいます。理由は大きく2つ。体型の変化と授乳です。

産後の体型の崩れを隠すことができて、授乳もできるワンピースは産後ママには何着あってもうれしいもの。

洋服選びも満足にできないほど忙しくなるママに、素敵な一着をプレゼントしてあげましょう。

第4位:マザーズバッグ

赤ちゃんが生まれると絶対に必要になるグッズの一つがマザーズバッグ。一人目赤ちゃんのママへのプレゼントには特におすすめです。(二人目以降の場合は、既に持っている可能性が高いです)

バッグのように日常使うものは、本人が使い勝手の良いものを選んだほうがいいのでは?と思う人もいるかもしれませんが、大丈夫です。

赤ちゃんを初めて生んだばかりのママにはまだ、「使い勝手」もわかりません。

だから、逆にママにとって使いやすいポイントを押さえたバッグを贈るとポイントが高いのです。マザーズバッグを選ぶには、次のポイントを押さえたものを選びましょう。

マザーズバッグを選ぶポイント

  • ポケットがたくさんついている
  • 哺乳瓶やペットボトルを立てて入れるポケットがついている
  • 携帯やお財布など、すぐに取り出したいものが入るポーチやポケットがある
  • オムツ・着替え・タオル・母子手帳・おもちゃ・絵本を入れてもパンパンにならない
  • 大きく開いて、中の荷物を探しやすい
  • 斜めがけ・肩掛けなど複数の使い方ができる仕様になっている

第3位:簡単スキンケアグッズ

赤ちゃんが生まれると、毎日のスキンケアも大変。これまでのように、化粧水・美容液・乳液・パック・・・など、優雅な時間を取れなくなることがほとんど。

ついスキンケアが手抜きになって、睡眠不足も相まって肌荒れがひどくなってしまうママもいます。

そんな時、「お肌荒れてるね」などの言葉は厳禁!ママ本人もとっても気にして、落ち込んでいることなのです。

余計な一言の代わりに、簡単にスキンケアできるクリームや美容液をプレゼントしてあげましょう。化粧水・美容液・乳液が一つになったオールインワンタイプのもので、自分では買わないような少し高級ラインのものがおすすめです。

第2位:リラックスタイムの飲み物

これまでコーヒーや紅茶が好きだったママも、授乳中は母乳へのカフェインの移行が心配でリラックスタイムに飲める飲み物が少なくなります。

育児の合間にほっと一息つける飲み物を用意してあげるとママはとっても嬉しいです。

授乳中のママに用意してあげたい飲み物

  • たんぽぽコーヒー
  • カフェインレスコーヒー
  • ハーブティー
  • ノンアルコールカクテル

第1位:ママの時間

育児は24時間365日休みなし!パパから見れば、毎日可愛い赤ちゃんと一緒で、なんて幸せなんだ・・・と思うかもしれませんが、現実は可愛くて楽しいだけではありません。

昼夜を問わず泣いて、吐いて、うんちして・・・と、産後すぐのママは体調が戻っていないのに毎日心身ともにぐったりしています。

ママに息抜きの時間を作ってあげることは、何よりのプレゼント。産褥期を終えて、ママが外出できるようになったら、是非ママを一人にさせてあげてください。

お友達とランチでも行って来れば、という一言はママにとって何よりのプレゼントになるかもしれません。

まとめ

仕事をしていた時と違って、人から褒められることが少なくなった産後ママは、「もっと頑張りを認められたい!」という思いでいっぱい。

自分の頑張りを認めてもらえず、毎日ハードな育児に追われていると、育児ノイローゼになってしまう可能性も否定できません。

そんなママを励まし、労ってあげるために是非プレゼントを贈ってあげてくださいね。

 - 出産