ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

出産の思い出をメモリアルグッズで残そう!手形?ウェイトドール?

   

あっという間に過ぎてしまう新生児期。その時の赤ちゃんの小ささは、すぐに忘れてしまいます。

赤ちゃんが成長してから、「生まれた時はこんなに小さかったんだ~!」と振り返るのは、ママの喜びの一つ。是非、出産時の思い出をメモリアルグッズに残しておきましょう。

出産のメモリアルグッズってなに?どんなもの?

出産のメモリアルグッズとは、生まれたばかりの赤ちゃんの思い出をさまざまな形で残しておくことができるアイディアグッズです。

メモリアルグッズには、赤ちゃんの重さや大きさがわかるものや、赤ちゃんの髪やへその緒などを保管できるものなどがあります。

メモリアルグッズの例

  • ウェイトドール
  • 手形・足形つきグッズ
  • 初めて切った髪の毛で作った筆
  • へその緒ケース

これがオススメ!出産のメモリアルグッズBEST3!

いつまでも飾っておきたい、おすすめのメモリアルグッズを紹介します!

1.定番ウェイトドール

ウェイトドールとは、出生時体重と同じ重さで作られたぬいぐるみのこと。抱っこすればいつでも、生まれた瞬間の幸せな重みがよみがえります。

ウェイトドールには、くまさんのぬいぐるみが比較的多くみられますが、これはくま=bearが、「産む」という意味も持っているため。

ウェイトドールにも色々な種類がありますが、くまさんの足の裏に出生に関する様々な情報を刺繍できるこちらの商品がおすすめ。

購入はこちらから:ベーシックなウェイトドール!体重ベア

2.手形・足形

手形や足形は、後で赤ちゃんの成長を振り返れるおすすめのメモリアルグッズ。産後まもなく手形・足形をとっておくと、赤ちゃんが大きくなってから比べる楽しみができますよ。

生まれて間もない赤ちゃんは、手をぎゅっと握りしめているので手形をとるのはかなり難航します。あるママの話では、赤ちゃんの手にガムテープを貼って無理やり開き、手形をとったという人も・・・。

手形・足形をとるグッズには、アルバムタイプのものと写真立てのように飾るタイプのもの、キーホルダーのようにグッズにできるものがあります。

アルバムタイプは、生後すぐ・3ヶ月・6ヶ月…などの節目に手形足形を保管できるメリットがある一方、いつも目に触れるところに置きづらいデメリットもあります。

飾るタイプだと、いつまでも小さなかわいい赤ちゃんのおてて・あんよを眺めることができ、おすすめです。

購入はこちらから:陶磁器タイル 赤ちゃん手形・足形 記念品

3.胎毛筆

髪の毛の先端が細くとがっているのは、一生に一時期だけです。一度でも髪の毛を切ってしまえば、先端はずっと太いままです。

髪の毛を切ってみるとわかりますが、その触り心地は全く別物です。生まれて間もない赤ちゃんの、先端がとがっている髪の毛はフワフワと柔らかく、まるで羽毛のようです。

そんな赤ちゃんの髪の毛、一生とっておいてあげたいですよね。それを可能にするのが「胎毛筆」。赤ちゃん筆とも呼ばれます。

少々お値段は張りますが、一生の思い出に作ってみてはいかがでしょうか。

購入はこちらから:赤ちゃん筆 さくらコース 桜軸

こんなものも?!ちょっと驚くメモリアルグッズ3つ

ベスト3で紹介した定番品以外に、こんな珍しいメモリアルグッズもあります。

1.一生に一度の声を記録!

出産の思い出に是非とっておきたいのが赤ちゃんの産声。携帯の動画に収めるのもいいですが、メモリアルグッズとして残しておけば、誰でもいつでも再生でき、感動の瞬間が蘇ります。

お子さんがお嫁に行くときのプレゼントにもなるように、音声が永久に消えないちゃんとした商品を選びたいですね。

こちらの商品なら電池がなくなっても音声が消えない、安心の日本製です。手形や写真も一緒に保存することができる、一石三鳥のおすすめのメモリアルグッズです。

購入はこちらから:ベビープー おたんじょうきろくボイスメモリー

2.20年かけて作り上げるプレゼント

生まれた時から毎年、誕生日ごとにバースデーカードを作成して、20年後にお子さんにプレゼントしませんか?

こちらの商品は、へその緒、母子手帳、エコー写真など、生まれる前~生まれた時の思い出とともに、毎年メッセージを書き溜めることができます。

20年後にプレゼントできるようギフトボックスもついています。

購入はこちらから:【ベビーの思い出を残す】20年分のバースデーカード

3.ママの手作り絵本

赤ちゃんや小さなお子さんはみんな絵本が大好き!自分が主人公の絵本があれば絶対に喜びますよ。

たくさんの思い出で、絵本作りをしてみませんか。生まれた時から5歳までの写真やメッセージを、絵本仕立てにまとめることができるメモリアルグッズがあります。

写真だけ、思い出のチケットだけを収納しておくよりも、思い出が鮮明によみがえり、大きくなったお子さんと一緒に振り返る楽しみができますよ。

購入はこちらから:【ベビーの思い出を残す】はじめての自分絵本

まとめ

メモリアルグッズは、赤ちゃんが成長してからママが昔を振り返って楽しめるだけでなく、将来赤ちゃんが大きくなった時に、「自分は愛されて育てられたんだ」と感じることができる大切なグッズです。

十年、二十年と壊れずにとっておきたいものなので、多少お値段がはっても良いものを選びましょうね。

 - 未分類