ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

知って安心!出産の流れと進み方を押さえておこう!

      2016/11/12

初めての妊娠…。予定日も近づき、出産がリアルに感じられてくる日々の中、陣痛がどんな風に始まり、出産がどんな風に行われるのか、よく知らないがゆえに不安になる方も多いと思います。

これって陣痛?それともただの張り?陣痛が来たら赤ちゃんってすぐ生まれちゃうの?お腹の中の赤ちゃんはどんな状態になっているの?そんな疑問に答えます!

陣痛から出産までの流れを知ろう!

lgf01a201406041100

自然出産である限り、避けられない陣痛。陣痛こそが出産スタートのサインです。それでは陣痛とは一体どのようなものなのでしょうか。

陣痛っていつ来るの? 普通のお腹の痛みと区別はつくの?

陣痛がいつ来るものなのか…それは誰にもわかりません。予定日はあくまで予定であり、出産がこの日に起こると言う確定日ではありません。

予定日の数週間前に陣痛が来る方もいれば、予定日を10日以上超える方もいます。陣痛がどのようにして始まるのかはまだ解明されていないのです。

本格的な陣痛の前に、前駆陣痛と呼ばれる陣痛の予行演習のような痛みを感じる方もいます。

お産が近づくと、1日に数回、軽い月経痛のようなおなかの張りを感じることがあります。でも張りは不規則で、すぐに消えます。これが前駆陣痛。本格的な陣痛とは違います。

引用元:コトバンクより

しかし、前駆陣痛が来たからといって、その後すぐに本当の陣痛が来るというわけでもありません。臨月間近になると前駆陣痛を感じる方は多いようで、1カ月近く前駆陣痛が頻繁に起こる方もいます。

前駆陣痛が来たからと言って、本当の陣痛もすぐに来てしまうのではないかと焦る必要はなさそうです。

他に、おしるしがあった後に本陣痛が来ると言われる説もありますが…。

分娩前に子宮と卵膜のずれから起こる出血。子宮口が一部開いたために見られる現象。分娩が近づいた兆候だが,個人差があり,すぐにお産が始まるとはかぎらない。

引用元:コトバンク ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典より

体が出産の準備を始めたという意味で、その日は近いかもしれませんが、おしるしの直後や、24時間以内に陣痛が来たという方もいれば、おしるしから陣痛まで一週間以上かかる方もいます。

前駆陣痛にしてもおしるしにしても、陣痛が起こる前触れではあるものの、陣痛が起こる期間までは読めないようです。

陣痛がいつ来るのか…こればっかりはお腹の赤ちゃんのコンディション次第としか言いようがありません。臨月間近のあなたにできることは、ある日突然訪れる陣痛にどう対処すれば良いのかを事前にしっかり確認しておくことです。

陣痛の痛みの特徴

陣痛と普通の腹痛の区別がつかずに、陣痛が来ていることに気がつけなかったらどうしようと悩む方が多いようです。

陣痛の特徴をまとめてみました。

  • 数分間隔で痛みが起こる
  • 時間が経つごとに痛みも増す
  • 時間が経つごとに痛みがやってくる感覚が短くなる

痛みが来たと思ったら引く、引いたと思ったらまた痛くなる、その繰り返しが陣痛です。

前駆陣痛では多少規則的な時があったとしても、そのうち痛みが引いてしまいますが、本当に陣痛であれば痛みは必ずまた起こり、そしてその間隔も短くなってきます。

規則的な痛みが継続して続く時はほぼ間違いなく陣痛だと思って良いでしょう。

陣痛が来た!出産までの流れとは?

003057-smpl

規則的な痛みが断続的に続く…。これは陣痛だ!!陣痛が来たことはわかったけれど、私はこれからどうしたら?そしてどうなるの?!陣痛から出産までの流れを知りましょう!

陣痛~出産まで起こる4つの変化

陣痛が始まってから赤ちゃんが外の世界に出てくるまで、分娩第1期~第4期と呼ばれる4つの段階を経ることになります。それでは1期ずつ、分娩がどのように進んでいくのか学びましょう。

分娩第1期

分娩第1期は分娩開始から子宮頚部が全開大するまでを指します。

分娩第1期の所要時間は初産婦さんで10〜12時間、経産婦さんで5〜6時間です。

引用元:産婦人科の基礎知識より

なんと、陣痛が始まってから子宮口が全開になるまでの数時間が第1期としてひとくくりにされてしまうのです。プレママたちはこの第1期の長い時間、ひたすら痛みに耐えることになります。

陣痛間隔 痛みの持続間隔 子宮口の開き具合 赤ちゃんの状態
10分程度 20~30秒ほど 0~3センチ まだ頭は子宮の上の方にあり、あまり下がっていない
5~6分 30~40秒ほど 4~7センチ 骨盤の間に頭が入り込んでくる
1~3分 30~60秒ほど 8~10センチ 骨盤の間に肩が入り込み、頭は骨盤の下まで降りてくる

子宮口が4センチほど開くまでを潜伏期、以降全開大になるまでが活動期と呼ばれます。

陣痛を感じ始めた初期の段階では、まだ痛みもそれほど強くなく、間隔も10分~1時間近く開くこともあるため、痛みをやり過ごしながら家で普通に過ごすことができます。

掃除をしたりお風呂に入ることも可能です。少しずつ痛みが強くなり、10分間隔ほどになってきたら病院に電話をしましょう。おそらく、すぐに来院を指示され、そのまま入院することになります。

経産婦さんは過去の出産の経験によって産道や子宮口が初産の方よりも柔らかくなっているために、産道が開きやすく、一気に陣痛が進んでしまう場合があるので、陣痛の気配を感じたらすぐに病院に問い合わせてください。

潜伏期の間は、話をしたり、場合によっては軽く食事をしたりする余裕もあります。陣痛を促すため、スクワットや院内を散歩することを勧められることもあります。潜伏期から活動期に移行するまで、初産では平均8時間程度、経産婦は平均5時間程度かかると言われています。

活動期に入ると、ほとんどの妊婦さんは痛みをやり過ごすことに集中し、周囲に気を配る余裕を失います。活動期突入から子宮口が全開大になるまで、初産では5~7時間、経産婦では2~4時間ほどかかります。

この頃になると、下に降りてきた赤ちゃんの影響でいきみたくなると思いますが、子宮口が開ききる前にいきむことによって、子宮口が裂けてしまったり、まだ出てくる準備が整っていない赤ちゃんを圧迫して苦しめてしまうことになりかねないので、とにかく我慢してください。

様子を見に来る助産師さんや医師からのGOサインが出るまで、息を深く吐くなどして、いきみを逃すことに集中しましょう。

第1期でそんなに何時間もかかるのかと恐ろしくなるママもいるかもしれませんが、出産までにかかる時間のほとんどが第1期で終わるとも言えます。

第1期を超えれば分娩というゴールは目の前です。赤ちゃんに会えるのはもうすぐ!がんばりましょう!!

分娩第2期

子宮口が全開大になると、分娩第2期に入ります。

分娩第2期(娩出期)とは、子宮口全開大(通常径10㎝)から胎児が産道を下降して娩出されるまでをいいます。

引用元:妊娠・出産・赤ちゃんDear Momより

骨盤の下までもぐりこんだ赤ちゃんの頭を押し出したい本能にかられ、いきみを我慢できなくなってきます。分娩台へ移動するように指示され、いよいよ赤ちゃんを生み出すための本格的な段階に入ります。

陣痛は大体1分間隔になり、痛みの長さは1分~90秒ほどに。赤ちゃんが徐々に降りてくることにより、お尻周辺の圧迫感も強くなってきます。

赤ちゃんはこの時、ゆっくりと体を回旋させながら頭で産道を押し広げ、出口へと進んでいきます。赤ちゃんの進みを手助けするのがママのいきむ力になります。

かと言って、やみくもにいきんでは赤ちゃんが圧迫され苦しむだけです。陣痛の痛みの波と共に、助産師さんの指示のもとで効率よくいきむことが大切です。

  • 子宮の収縮と弛緩の繰り返しによって赤ちゃんの頭が膣口に見え隠れする状態を排臨(はいりん)と言います。
  • 赤ちゃんがもっと出口に近づき、どの状態でも赤ちゃんの頭が膣口から確認できる状態を発露(はつろ)と言います。

発露の状態を迎えればもう少しです。赤ちゃんは狭い産道を抜けるために体をねじり、骨盤から肩が抜けると一気に体外へと出されます。

赤ちゃんの頭が大きかったり、膣口の開きが悪くて赤ちゃんがなかなか出てこれない場合、膣口から肛門付近を医師が切開し、出口を広げることを会陰切開と呼びます。これが行われるのも第2期の終盤です。

この第2期を、初産では1~2時間、経産婦では30分ほどかかると言われています。

分娩第3期

分娩第2期を越えれば赤ちゃんの誕生です!!痛みと苦しみに耐えた自分をほめてあげましょう。そして新しい命の誕生を喜びましょう!

しかしこれで出産は終わりではありません。「まだ何かあるの?」と不安に思うかもしれませんが、赤ちゃんをこれまで守ってくれていた部屋である胎盤が不要となり、体外へ出てくるのです。

胎児娩出後、子宮底が臍高位まで収縮し、5~10分経つと陣痛が再度現れ、胎盤は子宮壁から剥離し、娩出する。

引用元:看護学生wikiより

また陣痛が来るのかと恐怖を感じる方もいるかもしれませんが、胎盤を出すための陣痛はつい先ほどまで戦っていた痛みに比べれば、初期の痛み程度のものです。

気が付かない間に胎盤が出ていたという方もいるので、それほど心配することはないでしょう。軽い痛みと共に子宮が収縮し、不要となった胎盤が外へ押し出されます。これを後産と呼びます。

赤ちゃんを出産してから後産が終了するまでは数分~30分ほどかかると言われています。

後産は自然にすんなりと終わる場合もありますが、産後すぐに医師から子宮収縮剤などを与えられて促される場合もありますし、なかなか後産が進まない場合は医師が子宮の中に手を入れて掻き出すケースもあります。

医師や看護師は出てきた胎盤の状態をチェックし、体内に残留物がないかなどの確認を行います。後産がきちんと行われないと、出血がおさまらないなど、母体の回復に支障が起こる場合があるので注意が必要となります。

後産が終わると、会陰切開が行われた場合は傷の縫合が行われます。

分娩第4期

分娩は胎盤の娩出をもって終了となるが、その後の2時間は異常が起こりやすい時期であるため、分娩室で観察を行う。この間を分娩第4期として扱っている。

引用元:看護roo!より

胎盤も排出され、会陰の縫合も済み、長かった分娩もついに終わりました。後は看護師や助産師の管理のもと、体の回復に努めます。

特に産後2時間は、母体に急な出血が起こる場合などもあり、油断できない状況です。つらかった時間も無事に終わり、ママたちはほっと一安心。赤ちゃんとの出会いの喜びに満ちていることでしょう。

興奮状態で疲れや体に残る痛みを忘れてしまうママたちも多いようです。しかし体は確実に消耗しきっています。

赤ちゃんを早く抱きたい、体を起こしたいとはやる気持ちを抑え、できるだけ安静にしてください。

以上が陣痛から分娩第1期~第4期の流れとなります。

まとめ

陣痛の開始から分娩終了まで、進み方が理解できたでしょうか。

やはり陣痛は痛くて、長時間で怖いと思う方も多いと思います。しかし陣痛が起きるおかげで赤ちゃんは外の世界へと進んで行くことができるのです。

陣痛が起こるたびに赤ちゃんに会える瞬間も近づいているのだと、勇気と希望を持って臨んでください。

そして、ぜひパートナーにも一連の流れを勉強してもらいましょう。あなたが抱えている恐怖や不安を受け止めてもらえれば、気持ちも軽くなるのではないでしょうか。

更に、出産の大変さを知ってもらうことによって、その後の育児に協力的になってくれるかもしれませんよ!

 - 出産, 妊娠後期