ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

産後の悪露ってなに?いつまで?色・量・臭いは?

   

出産を終えて一息付く間もなく始まる育児に加え、生理よりも量の多い悪露で何度もトイレに行かなくてはいけないのはとても面倒です。

しかし、悪露はママの体の回復速度や異常を知らせてくれるとても大切なものです。悪露を知ることは体を知ることです。

産後の悪露はいつまで続くのか、どのように変化していくのか、注意が必要な悪露の症状を紹介します。

悪露の上手な対応の方法や、対処法も紹介します!

悪露ってなに?

2afee5ab2ebc5ab4c93b763d700a272f_s

悪露とは「おろ」と呼び、分娩後に子宮から排出される分泌物です。

子宮に残った胎盤や血液、粘液を含むものです。出産を終えるとへその緒を引っ張って胎盤を子宮から排出しますが、胎盤がはがれる時に子宮が傷つき、出血します。

そのため悪露には血液も含まれています。赤ちゃんを包んでいた卵膜も出産後に子宮に残っている場合があり、卵膜も一緒に排出されます。

悪露に含まれている分泌物

  • 血液
  • 胎盤の残り
  • 卵膜
  • 子宮内膜

悪露っていつまで続くの?長引く原因ってなに?

b9fada6d7641ba331dd74ca9aa36b8fc_s

悪露の続く期間は?

悪露は平均的に出産から4週間程度で終わります。産後の一ヶ月検診の時には終わっている場合がほとんどです。

悪露の期間は人それぞれで、1週間程度でほとんどなくなる人もいれば、一ヶ月間出血が続く人もいます。

初産の場合には悪露が長引き、経産婦の場合は悪露が出る期間が短いです

帝王切開で出産した場合には、子宮の中に残っているものも、ある程度は取り除いてもらえるので悪露が少なく済む場合が多いです。

しかし、帝王切開の傷から体液が出るため、悪露の期間は2ヶ月ほどの長期間になることもあります。

悪露の長引く原因は?

悪露は子宮が元の大きさに戻るために起こります。

子宮の戻りが遅かったり、回復が遅いと悪露も長引きます。産後は出来るだけ安静にし、体を休めることで子宮の回復を促し、悪露を早く終わらせることが出来ます。

育児のために疲れが溜まっていたり、睡眠不足によって体調が悪いと悪露も長引きます。

[期間別]悪露の量・色・臭いの変化ってどんなもの?

foto4

産後0日から3日

産後すぐの悪露はほとんどが血液で、真っ赤な色をしています。かなり大量の出血をし、夜用のナプキンでも対応出来ないことがほとんどで、産褥用のパッドを使う場合が多いです。

こんなに出血して大丈夫なの?と不安になる位、産後すぐの悪露は大量です。産後すぐの悪露は生理の臭いとは違い、少し甘いような臭いがします。

産後3日から7日

産後3日を過ぎると鮮血だった悪露がだんだん茶色っぽくなっていきます。血液の色は薄くなり、生理終わりの様な色に変化していきます。

産後3日を過ぎた頃から悪露の量はどんどん減っていき、生理用ナプキンで対応出来るようになります。

悪露の甘い臭いがなくなり、血液特有の生臭い臭いに変わっていきます。

産後7日から14日

血液の排出がほとんどなくなり、茶色っぽかった悪露が黄色っぽく変化していきます。

悪露の量は更に少なくなり、頻繁にナプキンと取り替える必要がなくなります。

臭いもほとんどなくなります

産後14日から21日

産後2週間以上経つと、悪露の色はほとんどなくなります。黄色っぽい色だったのがクリーム色の淡い色になり、臭いもほぼありません。

悪露の量もかなり少なくなり、サニタリーショーツで対応できるほどの量になります。

産後21日から28日

産後3週間以上経つと、悪露というよりも、おりものに近い状態になります。色もクリーム色から無色になっていきます。

量もおりものと変わらないほどに少なくなり、臭いもありません。産後3週間以上経った頃には、悪露は終了している場合がほとんどです。

こんな悪露に注意して!病院受診が必要なのってどんな時?

悪露の色や量、臭いは子宮の回復の目安になります。悪露の様子がおかしいと感じた場合にはすぐに病院に行きましょう。

鮮血が続く場合

出産直後に鮮血が出るのは問題ありませんが、鮮血が続く場合には注意が必要です。

出産後一週間以上鮮血が続く場合には、出産後の子宮の収縮が十分に起こらず、胎盤が剥がれた後の傷口が塞がらず出血が続いている可能性があります。

胎盤が剥がれた傷が塞がらないと、出血が続きます。大量出血が起こりショック状態になってしまう危険があるので、鮮血が続く場合にはすぐに病院を受診しましょう。

大きな塊が悪露とともに出てきた場合

出産後、すぐに子宮は収縮を始め、子宮内に残った胎盤や卵膜を排出します。

しかし、子宮の収縮が不十分だと、体外に出さなければいけない胎盤や卵膜が子宮の中に残ってしまい、ある日突然大きな塊となって排出されます。

大きな塊が突然出て、出血もひどくなった場合には、胎盤が子宮の中に残っている可能性があり、そのままにしておくと大量出血をする可能性があります。

出血が止まらず、命の危険があるため、すぐに病院で診察を受けましょう。

悪露の量が増えた場合

悪露はだんだんと量が少なくなっていくのが正常です。

時折量が多くなったり鮮血が少量混じるだけであれば問題ありませんが、悪露の量がだんだん増えていったり、鮮血が増える場合には注意が必要です。

悪露の量が増える場合には、子宮の回復が遅れている可能性があります。

出産後にゆっくり休めなかったり、育児で疲れが溜まっている場合には体が無理をしすぎ、子宮の回復が遅れる場合があります。

子宮の回復が遅くなると、胎盤や卵膜の排出が遅れ細菌に感染しやすくなります。細菌に感染すると、悪露の量が増えるだけでなく、臭いもきつくなって変化に気が付きます。

また、38度以上の熱があり、お腹の痛みを感じる場合には細菌感染している場合があるので、すぐに病院に行って正しい処置をしてもらいましょう。

悪露の臭いがきつい

悪露は産後すぐは甘い独特の臭いがあり、産後3日を過ぎると生理のような臭いに変わります。

しかし、退院してからも悪露の臭いがきつい場合には、悪露が出にくい状態で、子宮の戻りが不完全な状態になっている可能性があります。

子宮頚管に胎盤や卵膜が詰まって悪露が出にくくなってしまい、子宮の収縮が進んでいない場合があります。

子宮の収縮が悪く、悪露が出ないと細菌感染の恐れも出てきます。悪露の臭いがきつく、塊が出る場合もすぐに病院に行きましょう。

38度以上の発熱がある

産後10日以内に38度以上の熱が2回以上出る場合には子宮や膣、外陰部に細菌感染が起きている可能性があります。

これで完璧!悪露の対処法4つ!

1.ナプキン?産褥パッド?

産後直後の悪露はとても量が多く、ナプキンで対応出来る量ではありません。

また、会陰切開をした場合にはナプキンだと薄く、傷口が痛くなってしまう可能性もあります。

産褥パッドの場合には厚みもあり、悪露の吸い取りもナプキンの比ではないので、産褥パッドを用意した方がいいでしょう。

産院で準備してくれるお産セットの中にも産褥パッドが含まれる場合が多く、それほど産褥パッドは必要ということです。

退院し、悪露の量が少なくなってきたら、産褥パッドでなく、生理用のナプキンに変えても問題ありません。

悪露の量が少なくなってきて、生理用のナプキンでも漏れないな、と感じられたら産褥パッドを使う必要はありません。

2.洗浄綿は必要?

悪露を拭き取る時に、トイレットペーパーでは肌触りが固かったり、会陰切開の傷が痛む場合があります。

洗浄綿はトイレットペーパーだけで拭き取りきれない悪露の処理をするのにとても便利です。

アルコールの含まれていない洗浄綿であれば、赤ちゃんに母乳を吸わせる前に乳首を拭いたり、母乳で汚れた赤ちゃんの口元をぬぐってあげるために使うことも出来てとても便利です。

08733501

 

3.臭いが気になる場合の対処法

悪露の臭いが気になる場合には、こまめにトイレに行ってパッドの交換をしましょう。

パッドの交換をする時には、洗浄綿で拭いて清潔に保つようにすると臭いを防ぐことが出来ます。

悪露が付着したままでは、産褥パッドを変えても臭いの減少は難しいので、パッドを取り替えるだけでなく、付着してしまった悪露をキレイに拭き取るように心がけましょう。

会陰の傷が痛まない場合には、ビデを使うことで臭いを防ぐことが出来ます。

4.臭いがキツイ場合には病院受診を!

悪露の臭いがとてもきつく、悪臭と感じるほどだと感染症にかかっている可能性があります。こうなると病院受診でしか解決できないので早急に産科医に見てもらいましょう。

まとめ

img-tokusen-20130417-image-4-l

悪露は生理よりも量が多く、初産の場合には驚いてしまいます。悪露の様子を知ることで、体の異常を早く察知することが出来、子宮の戻り具合を確認することも出来ます。

悪露は子宮の回復を知るためのバロメーターです。

 - 出産, 産後