ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

厄年に男の子を出産すると厄落としになる?女の子は?前厄・後厄は?

   

「厄年」という言葉を聞いたことのある人は多いでしょう。その年齢になると、災難に遭うといわれています。

男性女性それぞれにいくつかある厄年ですが、女性の場合、出産年齢と重なる場合があります。

出産は女性にとって人生の一大イベント。厄年に出産をすると、何かあるのでしょうか。

「男の子を出産すると厄落としになる」ともいわれます。厄年と出産との関係をまとめてみました。

そもそも厄年ってなに?いつ?

150127_yakudoshi-01

「災難に遭う歳」といわれる厄年。厄年の由来についてみてみましょう。

平安の昔からある古い風習

平安時代にはすでに「厄年」という考え方があったといわれています

古代中国から伝わった陰陽五行説の考えから発展した陰陽道といわれる呪術にルーツがあると考えられています。

一方で、集落ごとに行われていた神事の役割を担う年を「役年」といいました

それは誇るべき大役とされ、無事に果たすことで社会的に認められるという意味合いがありました

そうしたことから、役年にはつつがなく終えられるよう、身を清めたり行動を改めたりすることが求められました

この「役年」が時代とともに「厄年」と結びつけられるようになり、現代にいたっていると考えられています

厄年っていつ?

厄年は男女によって違いがあります。一般的には以下のようになっています。

厄年とされる年齢

  • 男性・・・25歳、42歳、61歳
  • 女性・・・19歳、33歳、37歳、61歳

この年齢は「数え年」の年齢となります。「数え年」とは、生まれた年を1歳とし、正月を迎えるたびに2歳、3歳と数えていくものです。

男性の42歳、女性の33歳を「大厄(たいやく)」といい、最も注意すべき年齢とされています。

上に挙げた年齢の前の歳を「前厄」、次の歳を「後厄」といい、合わせて3年間は注意が必要といわれます。

最も注意が必要とされる「大厄(たいやく)」の年齢は、昔でいえば、子育てが終わり家を継ぐ者も決まり、家庭内が落ち着く時期と重なっていました。

そうしたことから、「役年」として社会的な役割を果たしてもらう時期とされていました。

一方で、肉体的には衰えが始まる時期になり、体に災いが起きやすいと考えられます

「大厄(たいやく)」以外の「厄年」も、就職や結婚、また、高齢といわれる年齢に入るなど、人生の節目と重なります

現代では、「厄年」は科学的根拠のないものと軽視されることもあります。

先人たちの知恵として、災いが降りかからないよう、健康や日ごろの行いに十分注意するべき年、と考えることができるでしょう。

こちらに、厄年の早見表を載せているサイトがあります。2021年まで調べることができます。

引用元:厄年早見表 女性編

 

厄年に出産すると厄払いになるって本当?

daedec44f9adb45aa5f70e0598a8d3c6_s-300x200

女性の厄年である19歳、33歳、37歳は、出産と重なる可能性の大きい年齢です。

「災難が降りかかりやすいとされる厄年に、出産という一大事が重なって大丈夫なんだろうか」と不安を感じるママもいることでしょう。

しかし、この年に出産をすると、厄払いになるという考え方があります

出産という喜ばしい出来事があったために、災いが避けられた、と考えるのです。

その一方、以下のようないわれもあります。

「厄年に出産すると厄払いになる」とは

  • 厄払いになるのは男の子を出産した場合のみ
  • ママは厄払いになるが子に厄が移る

これらのいわれ方は様々で、「男の子でも女の子でも子に厄が移る」との考えや「女の子を出産した場合のみ子に厄が移る」とされる場合もあります。

地方によっての違いもありますが、「ママの厄払いになる」ということは、一般的に言われていることです

いずれにせよ、科学的な根拠のあることではありません。でも、子に厄が移るというのは気になってしまいますね。

男の子じゃないと厄落としにならないの?

mother-84628_1280

地域による違いがありますが、一般的には、「厄年の出産は男の子がよい」といわれます

「出産そのものが厄落としになる」という言われ方も多くされます。しかし、「女の子の場合は厄落としになる」とはいわれません

これは、昔は家を継ぐ者として、男の子の出産が強く望まれたことに由来すると考えられます

女の子は「他家へ嫁ぐ」もののため、家から離れてしまう女の子よりも家を繁栄させる男の子を授かりたい、という考え方からこのようになったと思われます。

前厄・後厄の場合はどうなの?

厄年は、「本厄」といわれる年齢を挟んで前の年と次の年の合わせて3年間を、注意すべき年としています。

出産に関しては、以下の二つの捉え方があります。

前厄・後厄の出産の考え方

  • 厄年の出産と同じように「厄落としになる」と考える
  • 前厄・後厄は関係ない

厄年の捉え方そのものが、地域による違いがあります。そのため、前厄・後厄の考え方も様々です。

出産自体、何が起こるかわからないものです。大事が起きないよう注意して過ごすに越したことはないでしょう。

なお、これらのいわれは、最も注意すべき年齢とされる33歳の「大厄」と「本厄」といわれるその他の年齢との違いはありません。

大厄であれ本厄であれ、同じように「厄年の出産」と捉えるのが一般的です。

「捨て子」の風習ってなに?!

144844995723650406177_yaku

捨て子の風習は、「厄年の出産は、子に厄が移る」という考えからきています。子に移った厄を落とす儀式です

「女の子の場合は厄が移る」といわれることが多く、そのため女の子を出産したときに行うことが多くあります

捨て子の儀式は以下のように行います。

「捨て子」の儀式のやり方

  1. 子を神社へ置く(捨てる)
  2. 親は振り返らないようにしてそのまま帰る
  3. あらかじめ打ち合わせていた人が子を拾い上げる
  4. その後親の元へ送り届ける

この方法も、地域によって様々です。川向うへ置く場合や道祖神(どうそじん)、四辻(よつじ)に置く場合などがあります。

移った厄をそのままにしておかず、厄落としをすることで元気に育ってほしいという願いが込められています。

以下で、実際にあった「捨て子」の風習について紹介します。

市内では、生まれた赤子を箕に入れて道祖神の前などに一旦捨て、事前に頼んでおいた他の家の人に拾い上げてもらうという捨て子の風習があった。

赤子を捨てる場所は、道祖神のほか、寺・神社の前や集落の辻などであった。

捨て子をするとその子供は丈夫に育つといわれ、特に親が厄年だったり、過去に子供の不幸があったりした人が行った。

拾い手となった人(拾い親)と捨て子とは一生の縁となり、実の親と同様に付き合ったという。

これは、子を捨てることで一旦親子の縁を切り、親の厄が子に移らず無事に育つように願ったものと考えられる。

引用元:静岡県富士宮市ホームページより

「厄年の出産は子に厄が移る」という考えは、ママとしては心配になってしまうでしょう。ただ、地域によっても捉え方が違うものです。

その土地に古くから住む人に尋ねるなどし、その上で気になるようなら、捨て子の儀式を行ってみるのもよいでしょう。

厄年での出産体験談

b1dba03679920d8a87595a15d58ad139

明確な科学的根拠があるわけではない「厄年」の考え方。でも、古くから残る風習となれば、気になるママは多いでしょう。

実際に厄年で出産をした先輩ママたちはどうだったのでしょう。体験談をあつめました。

出産で厄払い?

数えで33歳、満32歳のとき、自宅を購入し3人目を出産しました。厄年に大きいことをすると、厄が落ちるっていいますよね。

もともと厄年を気にしてなかったし、たまたまですが、3人とも元気に育ち、夫も子ども好きで3人をかわいがり、私も幸せいっぱいでした(今も幸せです)ので、厄落としになったのかな?

引用元:YOMIURI ONLINE 大手小町 発言小町「皆さんの厄年体験お聞かせください」より

私の人生、厄年は悲惨なものでした。18歳(数えで19歳)で大好きだった祖母が他界し、32歳(数え33歳)でこれまで病気ひとつしたことのなかった父が大病を患いました。

35歳に妊娠が発覚し、ちょうど36歳(数え37歳)になった時に出産する予定になりました。

厄祓いに行こうかなとも考えましたが、近くの神社に問い合わせたところ、「出産が厄落としになるので、厄徐祈願の必要はありませんよ」と言われ、何もせずに出産を迎えました。

本当に出産が厄落としになったようで、37歳の厄年は、これまでの厄年が嘘だったかのように、まったく悪いことが起こりませんでした。

引用元:マーミー「厄年出産の過ごし方&厄落とし女の子/男の子捨て子の風習」より

お祓いや「捨て子」の儀式はした?

kitou_001

私も厄年で出産しましたよ。赤ちゃん生むと厄を落とすとも聞きましたが、一応お払いしました。気になるようでしたら、お払いされた方がいいかもしれませんね。

引用元:pigeon info「厄年の妊娠・出産」より

我が家の祖母は生粋の江戸っ子でして、厄年に出産した場合、男の子なら「役に立つ」なので何もしなくていいが、女の子は「親の厄を貰ってくる」からと、一度四つ角に捨てて、祖母や兄弟が拾い「厄落とし」しました。

私の実姉妹もやり、その妹も厄年に生みやって、私が拾いました。

引用元:YAHOO!JAPAN知恵袋「厄年の出産について教えてください」より

お寺や地域によると思いますが、私も本厄での出産になるのでお寺で聞きました。お宮参りの時にお寺で赤ちゃんを一旦「捨てる」そうです。(勿論ほんとに捨てるわけではないですよ)

お堂の真ん中に赤ちゃんを置き(このことを捨てると言うそうです)、そしてお坊さんがひろいあげるそうです。

そして、生んだお母さんと赤ちゃんをお祓いするって聞きました。もし、気になるようでしたら、近くのお寺や神社で聞いてみるのもいいですよ。

引用元:pigeon.infoプレママの部屋「厄年の出産って?」より

厄年の出産は難産?

30shutterstock_223586557

35時間の難産でした。

また朝が来た、まだ生まれる気配はない・・・陣痛は10分おきにやってくる・・・30時間くらいずっと胃液を吐きどおし・・・でした。

赤ちゃんが元気だったから最後まで帝王切開にはなりませんでしたが、何度も帝王切開してほしいとお願いしましたが、ダメと言われました。

ですが、同じ年で出産した人、たくさんいますが色々です。難産だった人、安産だった人、逆子で帝王切開だった人、産後にトラブルがあった人、なかった人、色々です。

引用元:YAHOO JAPAN知恵袋「厄年(数え年33歳・満32歳)で、子どもを産んだ方はいますか?難産でしたか?」より

前厄で妊娠・出産でした。

「厄の時に男の子を難産で産むと非常に縁起がいい」とは、私の母が言っていました。私はなかなか苦しいお産で男の子を授かりましたが真偽のほどは不明ですね。

しかし、厄の時の出産に関しては周囲に年配の方々からは悪い話はききませんねぇ。まぁ、少なくとも我が子は元気に育ってますし、今のところは家庭も安泰で問題はないみたいです♪

引用元:教えて!goo「厄年の妊娠出産について」より

私の母は、そういった迷信を大変信じる人です。母いわく「厄年の出産は、厄払いになる。」ただし、男の子を産んだ場合のみ。

女の子は「母親か子供がどうかなってしまう」そうです。

(嫌な気持にしてしまったらごめんなさい。私自身、母のこの言葉を聞いて、すごーく嫌な気持ちだったので)

ただ、私はそういう迷信じみた事は気にしてませんでした。去年の10月、本厄真っ只中で無事、女の子を出産しました。妊娠、出産とは関係なく、厄払いだけは軽くしといたけど・・・。

結果として、気持ちの問題じゃないですか。

(中略)

厄年生まれの娘は、超安産で、大人しく、とっても親孝行です。(5歳のお兄ちゃんは超難産でカンも強く、大変だった)私は、かえってこの子が最大の厄払いをしてくれたんだと思っています。

引用元:ジネコみんなの広場「厄年の出産、気になります?」より

まとめ

古来からある「厄年」のいわれ。女性は出産年齢と重なる30代に2回あり、特に33歳は最も注意すべき「大厄」とされています。

大厄であれ33歳以外の本厄であれ、「厄年の出産は厄落としになる。特に男の子がよい。」と一般的にいわれます。

ただ、厄年の捉え方は地域によって様々です。ストレスを抱えないよう気になるようならお祓いをし、心配事は取り除いておくのがよいでしょう。

 - 出産, 高齢出産