ベビスマonline

妊活・出産・育児子育て・生活の知恵に特化した専門知恵サイト

実は不要?赤ちゃん出産準備で買わなくてよかった、買って後悔した物体験談

      2016/10/31

赤ちゃんが生まれるので事前に買っておいたけど、実際買わなくてよかった物は意外と多いです。

ここではそんな「赤ちゃん出産準備で買わなくてよかった物」を先輩ママの体験に基づいて紹介していきます。

お風呂用のスポンジや体洗い手袋

第一子出産前の出産準備で買い物に行った時に当たり前に買い揃えてしまった、沐浴用のスポンジや便利そうと飛びついて買い揃えて置いた親の手の大きさの体洗い手ぶくろは、我が家はまったく使いませんでした。
お産した病院の沐浴指導でもガーゼで洗う事を教えて頂き、ベビーバスではガーゼでの沐浴。

バスタブに入るようになってからは、海綿を使って身体中洗う用になりました。
2人目からはベビーバスの頃から海綿を使っていました。

ベビースケール(体重計)は買わなくてよかった、というか買うべきじゃなかった

一人目を出産する前に、ベビースケール(体重計)を買いました。赤ちゃんを新生児から寝かせて計れるもので、1グラム単位で表示されます。何のために必要かというと、これで母乳量を測定できるのです。

しかし産後、なまじ体重計が傍にあることで、一日に何度も母乳量を測っては「母乳が出てない、ミルクを足したほうがいいのか」と1グラムの増減に悩み、思いつめ、母乳ノイローゼのようになってしまいました。

保健師さんに相談に来てもらったら、体重はせいぜい一週間に一度程度の測定でいいとのこと。家庭で、一日何度も計らない方が、むしろいいとのこと。余計なものを買ってしまいました。必要なかったと思います。二人目を生んだときは、結局一度も箱から出しませんでした。買わなくても良いものだったと思います。

哺乳瓶の消毒剤は要らない

最近は電子レンジで簡単に哺乳瓶が消毒できるので、哺乳瓶の消毒剤は必要ありません。いろいろな媒体で広告を目にしますが、コストがかかるし、赤ちゃんへの安全面でも心配なので、むしろ使わない方が良いくらいのものだと思います。電子レンジのサイズさえ合えばですが、電子レンジで哺乳瓶を消毒する方法をオススメします。

おくるみは代用できます

赤ちゃん用品のお店でもらえる出産準備品リストを参考に準備される方も多いと思います。
私も何ヶ所かでリストをもらいましたが、どのリストにもおくるみがあったので、初めての出産の時に買いました。

ところが実際に使ってみるとあまり使い勝手がいいものではなく、防寒対策として使うならブランケットの方が暖かいし使いやすかったです。
バスタオルでも代用可能だと思います。
使うまではどのような物か知らなかったので買いましたが、出産した病院から退院する時にしか使わなかったので、買わなくてよかったのかなと思いました。

買っても出番なしの沐浴グッズ

生まれる前に用意する赤ちゃん準備用品は、育児雑誌などにあるような買うものリストを見ながら準備していました。その中で、沐浴布を準備していましたが、実際は全く使わず無駄でした。

沐浴するときは、赤ちゃんの体がすっぽり隠れるような沐浴布を使わずとも、普通のガーゼで十分です。しばらく沐浴に慣れたらガーゼを使わなくても赤ちゃんが泣き出すことがなくなってくるので、沐浴布は必要でなかったです。

大きい物はレンタル活用

赤ちゃんが産まれる直前はたくさん子供の為にと買い物をしますが、私が買わなくても良かったと思ったものはベビーバスです。もちろん赤ちゃんには必要ですが、今はレンタルがあります。

他人が使ったものを洗ったとは言え使えないと思うなら無理ですが、そうでなければ大きく使わなくなったら邪魔になるし、そもそも使う期間が少ないので私はレンタルで十分だと2人育児して思いました。

足が冷えないようにと靴下を買いましたが

赤ちゃんが風邪をひかせないように、足が冷えないようにと、ベビー用靴下をたくさん買いました。しかし、履いたのは1~2回だけ。

赤ちゃんはよほど寒い日でない限り、靴下は履かなくても良いと知りました。
また、いくら赤ちゃんだからとはいえ、足もあっという間に大きくなってしまうので、結局買わなくて良かったなと思いました。

哺乳瓶と哺乳瓶消毒ケース

哺乳瓶と哺乳瓶消毒ケースは、不要でした。
入院中は、病院の哺乳瓶でミルクをあげれるし、入院中に母乳がしっかり出るようになると、自宅に戻ってもミルクをあげることはありませんでした。

外出時にミルクを使用しようと思っても、母乳に慣れているので、哺乳瓶を嫌がり飲んでくれませんでした。
退院時に母乳が出ない時に、帰りにドラックストアで購入するれば、充分間に合います。
哺乳瓶を使わないので、もちろん消毒ケースも不要です。

おしゃぶりは見た目が可愛くて

見た目が可愛くて、また、おしゃぶりは赤ちゃんはみんなするものだと思っていたので、随分早くから買っていました。
しかし実際はまったく使いませんでした。

口に入れれば、乳首のように吸ってくれると思いきや、ペッとだしてしまい、何回かやってみても繰り返しでした。
少し期間を開けて使ってみても同じで、おしゃぶりは買わなくて良かったなと思いました。

哺乳瓶は産前に準備しなくて大丈夫

ミルクオンリーもしくは混合と初めから決めている場合、産前に購入してもいいですが、そういった人は極々少数です。
母乳がどれくらい出るかは産んでみなければ分からないので、母乳の出がいいと哺乳瓶の出番はめったに有りません。
必要か必要で無いか、どのサイズを買っていいかも含めて買っておく必要はありませんでした。

絶対に必要だと思ってたもの

ベビードレスを退院の日にみんな着せると思って買いました。
男の子だとわかっていたけど、お宮参りにも使えるかな、と思ってレンタルしませんでした。
無事産まれて入院してる間に退院する人を見たらベビードレスを着せている人は一人もいなくてみなさん普通の新生児用の服でした。

何だか張り切って買わなくてもよかったな、と後悔しました。
結局ベビードレスを着せたのはお宮参りの時だけでした。
レンタルでもたくさん選べるのであまり着る予定がなければ買わなくてもいいと思いました。

ベビーベッドは荷物置き場

結局添い寝や添い乳をして寝かせることがほとんどだったので、寝てしまった赤ちゃんを抱っこしてベビーベッドに移動させて寝かせると、そのタイミングで起きて泣き出してしまい、せっかく成功した寝かし付けのでやり直しになってしまうことがイヤでそのまま一緒に寝ていました。

母親が寝ている間に赤ちゃんをつぶしてしまうのでは?との出産前の不安はいらぬ心配に終わりました。そのうち赤ちゃんの洗濯物やオムツを置くだけの利用になりました。

ベビーバスは必要なかった

ベビーバスの購入を考えましたが我が家は買いませんでした。
何故なら少し大きめのたらいや衣装ケースで充分洗えることが分かったからです。

沐浴の期間も1ヶ月ピッタリじゃなきゃいけない必要もないので最初の1〜2週間は沐浴でしたが産後は腰が痛くて大変なのでパパに普通に入れてもらってしまいました。
意外とすぐ受け取れて湯冷めもしないし我が家はベビーバスは買わなくて正解でした!

ベビーベッドはいらなかった

赤ちゃんが産まれる前から犬を飼っているので最初は犬が乱暴するのが心配でベビーベッドを買いました。しかし、割とすぐに慣れたので、今はもうそんなに必要じゃなくなりました。

結構場所もとるので困っていますが、とはいえ、簡単に捨てられないので、荷物置き場にしています。犬がいて買うか検討中の方は、ベビーベッドじゃなくハイローチェアがあれば十分だと思います。

ハイローベッド&チェア

1人目妊娠時、家がフローリングだった為 ホコリとか赤ちゃんが吸い込んだら嫌だなと思ったのと、抱っこではなく乗せて眠ってくれたらと思い購入しましたが、3ヶ月くらいまでは嫌がってか泣いて、乗って眠ってくれるようになったなと思った頃には、すぐ寝返りを始めてしまって、本当に使用できる期間が短ったです。

また、椅子にもなると書いてあったので、離乳食が始まってから使用しましたが、もともと食事用の椅子では無い為、使い勝手が悪く 食事用のベビーチェアーを購入することになりました。
我が家はあまり必要なかったです。

大きすぎたベビーバス

長男出産準備のために張り切って色々準備しましたが、正直買わなくて良かったと思った物がいくつかありました。
うちの場合は、ベビーバスです。大きくて安定感があったので選びましたが、お湯を張るのに時間がかかりました。

排水口も無かったので、沐浴後にお湯を捨てるのにも一苦労。なんとか生後1ヶ月までは使いましたが。使わなくなった時の置き場所にも困りました。
一緒に買った、赤ちゃんを落とさないように張るベビーネットも結局1、2回しか使いませんでした。
今考えると、シンクの中に置けるサイズのベビーバスが使い勝手が良かったと思います。

ハイ&ロー ベビースイングは要らない

赤ちゃんが生まれる前にハイ&ロースイングがいいと聞いていたので生まれて3か月位の時に購入しました。オートでスイングするものでオルゴールも流れます。

寝かしつけに使うつもりでしたが、ほとんど使わずお風呂上りに寝かせるのと離乳食をあげる時に使っただけでした。スイングで寝てくれる子供ならよかったのですが、そのタイプではなかったようで不要でした。

物置化したベビーベッド

子供が生まれるとなってまず購入したのがベビーベッドでした。ベビーベッドは必ずいるものだと思い込んでいたところもあった気がしますが、初めはそこに我が子を寝かせるのが楽しみでおもちゃを飾り付けたり可愛いマットを敷いたり・・・。しかし、実際産まれたあとは頻繁に泣くのですぐ抱き上げたり、母乳をあげるために添い寝したりと使うことがほとんどありませんでした。

少し経てば泣く頻度も少なくなって使うだろうと思いしばらくそのままにしていましたが、結局ほとんど使うことなく物置状態に。ペットがいたり室内に階段があって危ないなど、家庭によっては必要かもしれませんが、我が家は布団で十分だったなと今になって思います。

鼻吸い器はいらなかった

出産前に育児雑誌で必要な物の項目に鼻吸い器があったので念のため購入しましたがいらなかったかな、と思います。

そもそも、そんなに風邪を引くこともなく鼻水を吸う機会自体が数える程度でした。いざ鼻吸い器を使って鼻水を吸引してあげようとしたら、鼻に機械が入るのを嫌がり、泣いて動くので全然吸えませんでした。なので結局一度も役に立ちませんでした。

寝がえりするまでのおしゃれ着

我が子に良いものを着せたいと言うのが親心。しかし、着る機会がないということになる事もあります。
第一子ということもあり、産前に可愛いロンパースなどを買い集めていました。ですが出産して育児をしていく中で新生児期間はもちろん、首が座るまではなかなか外出する時がないことが分かりました。

寝て起きての繰り返し、お母さんも寝不足マックス。産前に、可愛い服で毎日ちゃんとコーディネートしてあげよう!と意気込んでいましたが、、赤ちゃんは寝るのが仕事。私も『コーディネート』という気持ちになりませんでした。

改まって服を着せた時はお宮参りの時でした。
なので、赤ちゃんの着るものは必要最低限(すぐサイズアウトしてしまうし)あれば良いということが見に染みて分かりました。

 

 - 体験談, 出産, 赤ちゃん